教養脳 自分を鍛える最強の10冊

教養脳 自分を鍛える最強の10冊

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「古典」の美味しいところだけを味わう!
万葉集、論語からヒトラー『我が闘争』まで、気になりながら読み通せない古典を、
博覧強記の批評家が刺激的かつ明解に解説。読むと読まないとで、人生が変わる。

『万葉集』 古代から一貫する日本文学の詩情
ヒトラー『わが闘争』 真に恐ろしいのは「楽天性」
『論語』 東洋で最も大きな影響を与えた書
『ナポレオン言行録』 不実な妻に悩まされた英雄
ヘミングウェイ『移動祝祭日』 人生の索漠さに立ち向かった
スタンダール『赤と黒』 生前は全く売れなかった世界文学の傑作
ダンテ『神曲』 詩と絵画が出会う強烈な旅の記憶
小林秀雄『本居宣長』 人間の本性を掴んだ批評家
福沢諭吉『文明諭之概略』 「二つの世界」を生きた意志と知性
ハイデガー『存在と時間』 眠れない子供のための存在論

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年05月20日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
1MB

教養脳 自分を鍛える最強の10冊 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月07日

    帯に「読書術」とあったので読んでみたけど、そういう本ではないですね。著者が現代の教養として読んでおくべきだと考えた本の紹介、です。それぞれの本の、著者にとっての重要性は語られるけど、現代にとっての重要性、なぜ今それを読むべきか、は正直よくわからなかった。普通に本の紹介としてはまぁ面白く読めると思うの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています