悪食令嬢と狂血公爵 ~その魔物、私が美味しくいただきます!~
  • 値引き

悪食令嬢と狂血公爵 ~その魔物、私が美味しくいただきます!~

作者名 :
値引き価格 808円 (735円+税) 1月20日まで
通常価格 1,155円 (税込)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

伯爵令嬢メルフィエラには、異名があった。
毒ともなり得る魔獣を食べようと研究する変人――悪食令嬢。

遊宴会に参加するも、突如乱入してきた魔獣に襲われるメルフィエラを助けたのは
魔獣の血を浴びながら不敵に笑うガルブレイス公爵――人呼んで、狂血公爵。

血にまみれた姿を意に介さないどころか
魔獣の血は身体に悪いと自らを案じるメルフィエラに興味を持ち、公爵は尋ねる。

「魔獣に詳しいのか?」
「私は魔獣というよりは、食物に興味があるのです」
「食物、だと? お前にはこの魔獣が食物に見えるというのか」
「はい、もちろんです。食べるからには美味しくいただきたいですから!」
「なるほど、悪食令嬢とは言いえて妙だが、やはり噂は当てにならぬものだ」

メルフィエラの趣味に興味を持ったガルブレイス公爵は思わぬことを言い出して――!
異食の魔物食ファンタジー、開幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kラノベブックスf
ページ数
292ページ
電子版発売日
2021年03月31日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
20MB

悪食令嬢と狂血公爵 ~その魔物、私が美味しくいただきます!~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    いりこ 2021年04月03日

    最初は真っ当な理由から魔物食を研究をしていたのに、気づけば貴族としての責務や淑女教育そっちのけで夢中になってた主人公。
    悪食令嬢と呼ばれ貴族社会での立ち位置はよくないですが、それを分かった上で行動してるのが好感が持てます。
    現実的でたくましいですが、好きなことには饒舌になる主人公が可愛い。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    keikei 2022年01月06日

    世間からなかなか理解してもらえない二人が出会い、
    どんどん惹かれ合っていく様子は読んでいても楽しかった。
    戦闘シーンもないし、ほぼほぼ魔物と料理の話なのに、何故こんなに面白いのか。
    まだ婚約しただけで二人の生活は全然始まっていないので、まだまだ続きが読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    干ばつを切っ掛けに、宗教上白い目で見られる魔物食を研究し[悪食令嬢]と呼ばれるメルフィエラがヒロイン。
    魔力が多く辺境で魔物狩りをして[狂血公爵]と呼ばれるアリスティードとの奥手な恋愛も好感。

    イラストもイメージに合います。

    番外編『苦労性補佐官はかく語りき』ケイオス視点の二人。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    割れ鍋に綴じ蓋カップル

    fufu 2021年08月15日

    魔物が跋扈する世界で、魔物を狩りまくり恐れられる公爵と、魔物食を忌避する信仰が広く信じられている中で、如何に美味しく魔物を食べるかを研究実践する伯爵令嬢が、出会って婚約するまでの話。
    戦闘はほぼ無しで魔物の料理メイン。
    婚約生活も、結婚生活も読んでみたいので、続きご出るといいな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年06月19日

    干魃や飢饉での食糧難に備えて魔物を食べられるようにする研究を続けている異色の伯爵令嬢と国の為に魔獣を狩る事を使命とする公爵様のほのぼのラブストーリー。
    伯爵令嬢メルフィエラはかなり天然だし、ガルブレイス公爵様もメルフィエラに対してはポワッとして外見とは裏腹にオクテな感じ…金眼は気持ちに正直ですが。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

Kラノベブックスf の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング