すばらしい新世界

すばらしい新世界

作者名 :
通常価格 1,361円 (1,238円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ヒマラヤの奥地へ技術協力に赴いた主人公は、
現地の暮らしに触れ、深く人々に惹かれてゆく――

人と環境との関わりの先に
新しい世界への光を予感させる長編小説

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
728ページ
電子版発売日
2020年12月11日
サイズ(目安)
1MB

すばらしい新世界 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    池澤夏樹の作品の中で一番好きかもしれない。解説にもあったが全てが美しかった。個人的には工藤先生にもっと登場して欲しかった

    0

    Posted by ブクログ 2012年06月28日

    世界のある部分を切り取って、手のひらにのせて見せてくれる小説。
    (バルザックか!)
    読むのに時間がかかったけど、飽きることはなかった。
    現実に対する問題提起と小説というものがきちんと融合していて、すごく良かった。

    0

    Posted by ブクログ 2011年03月20日

    今、地球が抱えているさまざまな問題をいろいろな角度から天野家の物語に盛り込んであり、とても読み応えがあった。集中ではなく、分散。大規模ではなく、小規模。視点を変えて考えてみると、今とは違う道が見えてくる。こんな時だからこそ、読んで考えてみるといいのだと思う。それから、「現場の知」ということと、アユミ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2010年06月08日

    政治も宗教も哲学も科学も、極めてフラットな視点で語られる。

    ちょっと変わった、でも絵に描いたような仲良し家族。
    一枚板ではないNGO。
    利益を追求する企業の論理/ステレオタイプな会社員。
    魅力的なナムリンの人々。

    世界そのものを変えるのではなく、「自分」と「世界」の関係性を変えること。
    個人の視...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月25日

    <poka>
    読んだあと、なんとも言えないさわやかな、すっきりした気持ちになります。
    分厚い文庫ですが一気に読めました。

    <だいこんまる>
    風車に向かうドンキ?

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     700Pに及ぶ長編小説というだけあって、本当に多くの事柄を含んだ小説。それでいて、読み辛いとかくどいとかいうことは一切ない。むしろ、1章1章に読ませる部分があって、うんうん唸ったり、クスリとほくそ笑んだり、グサっと心に刺さったりする。「やがてヒトに与えられた時は満ちて…」を読んだ時の衝撃も、それは...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    鬼ほどよかった。
    多分今っていうタイミングもよかったんだろうが、私の人生に影響を与える予感がする。
    あーチベットいきてえな。
    次はチベット仏教の本を読もうかな。

    0

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    2000年9月に出版された本で、2000年といえば9.11もまだだし、東日本大震災も、福島の原発事故も当然起こっていない。今とはまったく違う世界である。
    その当時から、環境問題や原発の危険性についてこれだけのトーンで語っているのに、20年経った今はどうだろう。原発事故は起こってしまったし、環境問題も...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    作者の言いたいことを物語の主人公を通して言っているだけと感じなくもないが、物語としてもおもしろい。
    ネパールの自然の描写や、魅力的な登場人物、とくに頭の良い主人公には好感がもてる。
    エネルギーの問題や宗教に作家ならではのアプローチで触れており、読み手側にも何かを考えさせられる。
    旅行の時に読むのがお...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年01月21日

    私たちは日本に生まれ育った。ただ他国に憧れ、そのまま真似をしてもうまくはいかないだろう。私たちは、私たちなりに、変わる必要がある。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング