世界のニュースを日本人は何も知らない2 - 未曽有の危機の大狂乱 -

世界のニュースを日本人は何も知らない2 - 未曽有の危機の大狂乱 -

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新聞・TVではわからない「世界の真実」に迫る――
12万部突破の大人気シリーズ、待望の第2弾。

政治/格差/国民性/教育/日本称賛の事実など、世界を見る目が“ガラッ”と変わる!

元国連専門機関職員の著者が、日本のマスコミが報道しない「世界のニュース」を紹介します。

<見出し例>
・日本の良さを伝えない不思議なメディア
・欧州で相次ぐ東アジア人差別
・貧困層に容赦しないアメリカ人
・世界一幸福なフィンランド、でも教育レベルはヤバい
・「欧米の学校は自由」という妄想
・中国ゲームが世界市場で失敗した理由とは
・「子ども部屋おじさん」は世界の最先端!?
・誘拐が多発する先進国
・よくいえば個人主義、悪くいえばワガママ
――など。

世界で扱われている衝撃のニュースに驚きつつ、新時代を生き抜く知識・教養が得られる本です。


【著者プロフィール】
谷本真由美 (たにもと まゆみ)
著述家。元国連職員。
1975年、神奈川県生まれ。
シラキュース大学大学院にて 国際関係論および情報管理学修士を取得。
ITベンチャー、コンサルティングファーム、 国連専門機関、外資系金融会社を経て、現在はロンドン在住。
日本、イギリス、アメリカ、イタリアなど世界各国での就労経験がある。
ツイッター上では、「May_Roma」(めいろま)として舌鋒鋭いツイートで好評を博する。
著書に、『キャリアポルノは人生の無駄だ』(朝日新聞出版)、『日本人の働き方の9割がヤバい件について』(PHP研究所)、『日本が世界一「貧しい」国である件について』(祥伝社)、『不寛容社会』(小社刊)など多数。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ワニブックス
掲載誌・レーベル
ワニブックス【PLUS】新書
ページ数
247ページ
電子版発売日
2020年12月09日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
2MB

世界のニュースを日本人は何も知らない2 - 未曽有の危機の大狂乱 - のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    日本がどれだけ恵まれている国かということがよくわかります。日本はこういうところが悪いよね、日本はこういうところで海外より優れているよね、という情報がマスメディアでは多く伝えられているが、実際には全然違うよ!ということがよくわかります。作ってる人が何ヵ国も海外に行って実際に見てるわけじゃないから当然。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    この著者の他の本も読みたいと思った
    毒舌で時々笑っちゃう
    エリザベス女王がガチおこしてたんだって伝わりました

    あと教育格差是正とかいうけど、教育制度じゃなくて家庭環境変えないと意味ないでしょ、っていうところ。ほっんとにその通り。全くそんなこと考えてなかった。

    日本では中級以下の階層の両親に生まれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    イギリス、アメリカのイメージが現実とかけ離れている事、自分が海外事情を知らないことを思い知った。
    コロナ禍で、より性格な情報を知る必要があると感じる!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月12日

    イギリス人は紳士淑女、アメリカはシリコンバレーを中心に人種差別を無くす動きが進んでいるetc
    まったく違うのか。
    日本人がコロナを罰則で縛らずとも、なんとか抑えられてるのは、規律をしっかり守る国民性が大きい。
    世界の事例を見ると、日本人でよかった思える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    外国は何でも進んでいると思っていたが、そうでもなかったことを知った。自由、個人主義であるが故の悪い部分もあることを知って、外国に幻想を持ちすぎるのはやめようと思った。

    FIRE投資が欧米や欧州で流行っていることを知り、様々な生き方があるのだなあーと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    この書籍で、初めて谷本真由美さんを知りました。
    さすがに元国連の職員だけあって、世界各国の情勢を知ってらっしゃる。
    コロナについては、欧州の考え方には、全く驚かされた。
    教育事情も然り、日本人に生まれてよかったと思う(笑)
    世界の諸事情を知ったからといって、私の周りに変化はないだろう。けど、知識とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    知らなかったことがいっぱい。
    日本のニュースで流れてくる情報だけを
    鵜呑みにしないように、気になったことは
    自分で情報を取りに行こうと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    書かれていることはコロナ化の状況が中心だが、加えて、格差社会・差別問題・王室への意識など、日本で普段生活していては入ってこないような各国の持つ前提・文化・考え方が深掘りされている。

    文体はわかりやすいし、腹落ちもしやすい。特に、マスクに対する態度やBLM運動が持つ矛盾など、モヤモヤしていたものが言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月18日

    第一弾に続いて、こちらもかなり刺激的な内容だった。
    著者のTwitterをよく見ているので、それをまとめたような本でもあるが、本当に自分の価値観をひっくり返される。
    偏った見方もあるかもしれないけれど、自分は世界で起きていることを全然知らないのだと思い知らされてショックを受けた。
    ただ、他国と比較し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月24日

    コロナが蔓延する中で日本の取り組みに批判の声もあるけど、アメリカやイギリスなどのヨーロッパの国々は、マスクを付けるという文化がなかったり、教育に至っては公立と私立の格差が日本の考えるところよりも大きい。お金のあるなしで、世界はここまで残酷なことを伝える。
    全く日本のニュースや記事がそのような情報を流...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています