安倍・菅政権vs.検察庁 暗闘のクロニクル

安倍・菅政権vs.検察庁 暗闘のクロニクル

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人事介入の全貌が明らかに!
11月25日、衝撃のノンフィクション 緊急出版!!

【内容紹介】
 2016年夏。官邸は検察庁が提示した「人事案」を拒否。かつてない異例の“人事介入”により、検察内には衝撃が走った。以来、4年間にわたり「官邸vs.検察庁」の人事抗争が勃発! 2020年黒川検事長の定年延長問題に至るまで知られざる暗闘が繰り広げられる。
 安倍晋三、菅義偉、杉田和博……政権中枢による人事介入の全貌を、数々のスクープを放った検察取材の第一人者が極秘情報を駆使して描き出す衝撃のノンフィクション。

【本書で明かされる新事実】 
■「あいつは勘違いしている」菅首相が漏らした検事総長への怒り
■ 官邸と検察が結んだ“密約”と“裏切り”の真相
■「きっと失敗するだろうな」賭け麻雀で辞職した黒川元検事長の本音
■ 突然の追放劇! 検察のプリンスと法務大臣の確執
■ 初めて明かされる「定年延長」閣議決定までの舞台裏
■「甘利事件」「森友事件」を検察が不起訴にした本当の理由
■ 周囲の説得を拒否! 検事総長の椅子にしがみついた男    ……など


【目次】
序章 毒が回った政権
第1章 黒川と林、そして稲田
第2章 16年夏――事務次官人事への介入
第3章 17年夏の陣――黒川続投
第4章 17年冬の陣――3度目の正直を拒んだ上川法相
第5章 官邸の守護神の実像
第6章 苦肉の策
第7章 河井捜査とコロナ禍騒動
第8章 法務・検察の迷走
第9章 「決着」と「総括」
あとがき

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年11月25日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
3MB

安倍・菅政権vs.検察庁 暗闘のクロニクル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    久しぶりに面白い政治モノを読んだ。推測だが事実の積み重ねで確かにそうかもと思わせる筆力、取材先への食い込み。確かに政治とはこういうアヤの中で動いていくのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    すごく面白くてあっという間に読み切っちゃいました。芸能人もTwitterのハッシュタグを使ったいわゆるオンラインデモで反対されたとされる検察庁法改正案、その舞台裏が垣間見える手に汗握る内容でした。著者は今回の人事騒動は、「安倍政権の、安倍政権による、安倍政権のための人事劇」であって当事者であった黒川...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    新聞記者は何をしているのだろうか? 黒川さんと賭麻雀をやっていて、こんな大事なことを書かないなんて、マスコミ不信が高まるのも当然。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月04日

    政権による検察への人事介入が疑われた、黒川弘務氏と林真琴氏のいずれが検事総長のポストに就くかということを巡る一連の騒動について、著者の取材メモをもとに過去の経緯から解き明かしている。
    関係する本人たちはいずれも取材拒否だったとのことだが、ここまでよく取材して一連の流れを再構成したな、という内容だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    ここでも学術会議と同じように菅と杉田が関わっているんだ。何だか戦前のようで背筋が寒くなるね。
    本書を読むまでは、黒川氏が検事総長を狙って官邸と一緒にこの騒動を引き起こしたと思っていた。そして賭け麻雀で失脚して溜飲を下げた。(市井の一般庶民の大半はそう思ってるだろうね)
    でも黒川氏は一番の被害者だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    組織の中で働き続けるというのは大変なことで、「人事」は一筋縄ではいかないものだということがよくわかった。
    著者は、かつては大手新聞社におられた。その時から地道に取材を続けてこられたことが、この著作に繋がった。検察と政府の「暗闘」がわかりやすく、興味深く描かれている。

    新聞社やテレビの力は今でも大き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    黒川さん問題だけでここまで話を広げて書けるのは、さまざまな取材の賜物だと思うけど、いかんせん長く、それほど痛快な内容ではなかった。。
    官僚機構の闇、旧態依然の政治家、その辺のところは事前に知っていたので、、、若干期待外れ。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    表面に見えたことだけしかわからない新聞やテレビの報道と比べて、深く、歴史的な因縁まで解き明かす迫力ある記述だった。
    が、繰り返しが多いのが気になる。もっと簡明に書けたのではなかろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    2020/12/13検察庁vs安倍菅政権
    黒川vs林の検事総長争いより政権の検察庁支配
    黒川も犠牲者 本人は希望せず 
    政治に近い存在はマイナス
    現政権=安倍と菅が必要とした 

    総長人事権と捜査指揮権は一体
    検察庁独立の揺らぎ 検察の信任
    安倍一強政権の権力欲と驕り
    内閣法制長官 日銀総裁
    そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春e-book の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング