「村山治」おすすめ作品一覧

【村山治】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/12更新

ユーザーレビュー

  • 田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と特捜検察「栄光」の裏側

    巨悪と検察というプロローグで始まり、ロッキード事件前夜から検察の動きを、吉永祐介という検事と深く関わった記者の鼎談だ。
    検察も、政治家も、企業人も、記者もすべて人の子、自分と深く関わった人間との心の機微、悩み、怒り、喜び、お互いに一喜一憂してきた過去が、一定の時間が過ぎ、客観的に俯瞰できる。
    人間の...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 検察―破綻した捜査モデル―

    検察の不祥事が何かと取り上げられるけど、それは捜査モデルが破綻しているからなんだって。
    著者は検察取材の第一人者と言われているだけあって、取り上げる内容は含めて説得力がある。いろいろ配慮して、あえて伝聞を装っている部分もあるんだろう。
    被疑者を検察のストーリー通りに供述を固める「割り付け」という手法...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 検察―破綻した捜査モデル―

    『江戸時代の罪と罰』を読み、現代の司法制度について学びたかったので、読んだ。
    まず、著者の村山治氏がどれほどの人なのかは分からない。検察関連の著書が多いが、実際に検察の内部にいた人間ではない。
    しかし、検察という組織の概要はつかむことができた。
    検察は起訴をする権利を持つ、巨大な権力である。そして、...続きを読む

    Posted by ブクログ