江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか

江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

〈持続化給付金〉は、わずか12日間で給付完了! 江戸時代にも、日本は感染症(天然痘・麻疹・インフルエンザ・コレラ)に苦しめられた。とりわけ、人口100万超の「過密都市」江戸は被害を最も受けやすかったが、都市崩壊のような事態には至らなかった。時の幕府が、医療政策と社会福祉政策に力を入れたからである。徳川吉宗、松平定信らは感染拡大にどう対処したのか? 当時の〈持続化給付金〉の財源と給付対象は? ワクチンはどのように普及したのか? 現代に通底するトピックを織り交ぜながら、江戸の町がいかにして危機を脱したかを解き明かす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2020年11月20日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
2MB

江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    江戸幕府の感染症対策のうち、治療は幕末の蘭方医によるまでほぼ手付かず、それまで経済対策はお救米だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています