きもの365日

きもの365日

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

失敗、発見、ナットク! の365日「きものマラソン」 大好きだけど、あくまでも着物は“非日常着”だった著者が、365日着物で暮らすという大胆な試みに挑戦! 日記形式でその顛末をつづった傑作書き下ろしエッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年10月30日
サイズ(目安)
14MB

きもの365日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    きもの大好きな群ようこさんが、1年365日着物で暮らすことに挑戦した日々を綴った日記。
    しかし大変である。
    じゅばんの半襟付け、足袋の洗濯、帯結びの練習、寒い日暑い日、雨の日などの対策、着合わせチェックやお直し、お手入れなど、際限ない。
    タンスの整理や端切れの処分なども。
    20年近い着物歴がある人で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    きもので365日過ごすってこういうことか・・・
    と思える本。
    作者の葛藤なんかもあって面白い(*^_^*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    着物いいなあ着たいなあでも無理。文庫なのにカラー一杯でお得な一冊。そしてまた群さんのセンスが素敵! こんなだったら着物いいなあ着たいなあでも無理(←無限ループ)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    かしこまらずに普段着としての着物って良いなあ、と思いました。
    こういう風に着てもいいのか!とちょっと驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月20日

    群ようこは好きでこれまで色々読んできました。着物にはまっている話も知っていましたが、自分で着物を着てみようと思ってから読むとまた違った印象で読めました。ほぼ毎日着物を着てみないとわからない所がよくわかり、とても参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月22日

    どんなに着物が大好きでも、現代の人が毎日着物で生活するのは大変なんだろうなぁとつくづく感じた。
    楽しそう<大変そう
    といった印象になってしまう!
    特に、洗濯が。これは実際に生活してみなきゃわからないだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月24日

    いつになるかわかりませんが、私も将来、着物を自分で着て、着こなしを楽しみたいと思っています。しかしながら、このエッセイを読んで、着物は色々と手が掛かることが分かりました。手が掛かるのもひっくるめて、着物を楽しめる日が来るといいなぁと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作者の1年間着物生活チャレンジエッセイ。
    オバーチャンになったら着物で生活したい、というささやかな願望を持つ私には楽しくてたまらない一冊。
    群さんの着物の好みは私も好きな方向なので、月ごとに挟まれている群さんの着物写真は見ていてとても楽しくなります。
    群肩肘張らない着物生活は「それでも大変なところも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ハレの日だけでなく、普段の着物の着こなしメインで書かれた本。
    おばあちゃんになったら私も着物で生活してみたいなーと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月30日

    等身大な失敗などの記述が初心者には心強いようでもあるが、反面「時間とお金がそこそこ自由になる人でないと着物生活は難しいのでは?」という現実にも直面させてくれる。つまり学生か、奥様か、自営業か、ってところ?

    読んでるうちに、好きになったりキライになったり、さすが一年分の日記。結果的に、おもしろかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています