本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ

本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2021年08月31日を過ぎると販売を終了致します。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人気料理研究家・コウケンテツ初の書き下ろしエッセイ!
おうちごはん作りに疲れてしまったすべての人へ寄り添う一冊。

料理研究家だって、
毎日のごはん作りはしんどいんです

「僕にとって、そもそも料理をすることは「楽しみ」でした。
日々のごはん作りはもちろん、料理研究家として仕事を始めてからは、
いろいろなレシピを生み出すことにやりがいを感じていました。
ただ、それは結婚して子どもが生まれる前の記憶。
子どもが生まれると、なんだか料理作りがしんどい。
考えるのが面倒だ。今日は作りたくない…… 。
そんな日が増えていったのです」

「毎日のごはんを作るのは終わりなき戦いのようなものです。
作っても、作っても、作らないといけないんですから。 」

「子どもの保育園の着替えを洗濯して、風呂掃除もしなければ。
やらなければいけない仕事もまだ残っているのに…… 。
今日は一汁一菜も無理な僕は、料理家以前に人間失格なのでは…… 」

「スーパーで販売している焼き鳥やコロッケも朝ごはん代わりの菓子パンも
僕にとってはいざというときに頼れる「駆け込み寺」的な存在」
(以上、本書より)


仕事として、家事として、趣味として、長きにわたって料理と向き合ってきたコウケンテツ氏が、
毎日「おうちごはん」を作っている人の気持ちを少しでも軽くしたい、
気持ちに寄り添いたい、作る人が元気になるような本を作りたい、
という気持ちから生まれた本作。
エッセイのほか、料理の「手間」を排除する実用レシピもたっぷり掲載。
「おうちごはん」を作ることがしんどくなってしまったすべての人へ届きますように。


( もくじ )
はじめに 「手料理に追いつめられて」
第1章: 「ねばならない」にさようなら
第2章: 理想と現実の間を埋める方法
第3章: 考えたくない日の「手間」を排除する
料理が本当に楽になる実用レシピ

( 掲載レシピ一部 )
・ 鶏手羽としいたけのさっぱり煮
・ ベーコンチーズかぼちゃサラダ
・ レタスとハムのレンジ蒸し
・ キムチときゅうりで即席オイキムチ
・ 豚と野菜の蒸ししゃぶ
・ 鮭の和風チーズホイル焼き
・ 鶏の塩焼き
・ 豚こまと春雨の中華炒め
・ トマトときゅうりの中華サラダ
・ しいたけの炒めナムル、にんじんの炒めナムル、なすの焼きナムル
・ 鶏手羽の塩スープ
・ クイック味噌チゲ
・ YouTubeで大人気! 野菜たっぷり豚プルコギ

おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
ぴあ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年09月17日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
8MB

本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

    ねばならないを自分で作りだしてストレスためてた。3食きちんとでなくてよかったり、コウケンテツさんは、お休みの時のんびり朝起きて、朝ごはん食べたら昼はコンビニで簡単にとか、ご夫婦は食べなかったり。一汁一菜ですら難しいって本当に!!
    そして料理習得に関しては、自己努力によるもの!という、好きだから努力と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    私はどちらかというと、作るより食べる方が好き。
    なのに当たり前のように料理は99%私の役目。
    結婚して以来、なんだか納得のいかないモヤモヤした気持ち。
    この本でそんな気持ちが軽やかに、
    少し楽しんで料理できるようになりました。

    日本という女性にとても多くを求めるられる国で、
    毎日がしんどい・・・
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    気持ちが少し軽く、楽に

    サユウ 2020年10月04日

    自分の中にあったモヤモヤしてズーンと思い漬物石みたいな感情を、「うん、うん、だよね〜」って言いながらヒョイって持ち上げて、横にどかしてくれる・・・そんな感じと言えば伝わるかな?

    毎日・・・ほんとに毎日!
    終わりのない、孤独な戦いを強いられている同士達にオススメしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています