王杖よ、星すら見えない廃墟で踊れ

王杖よ、星すら見えない廃墟で踊れ

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

王位継承権を持つ三人のきょうだいによる『共同統治』が敷かれるイルバス。末王子サミュエルが治める西部地域は貧しく、貧乏伯爵令嬢のエスメ・アシュレイルは食糧難を解決すべく、日々手を土に汚し畑仕事にいそしんでいた。丹精込めて育てた芋が盗まれたのをきっかけに、領地の窮状を王子に訴えようと決意したエスメ。頼りない双子の兄に代わり男装して王宮に出仕するが、当のサミュエルにまつわる噂は気難し屋だワガママだと、あまり芳しいものではなく……? ふたつの星が巡り逢うとき、王国に新たな風がもたらされる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2021年03月26日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
3MB

王杖よ、星すら見えない廃墟で踊れ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月16日

    ベアトリスのお話も面白かったので買っちゃいました。

    ただのわがまま王子かと思っていたサミュエル。
    自身が望みながらもままならない虚弱な体と周囲(特に母親)。
    どうにかしたくてもどうしたらいいのかわからない絶望にさいなまれているだけでした。

    自由奔放さが売りの相方がいれば大丈夫そうですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月07日

    ベアトリスのお話がほんっとにおもしろかったから続編が出たと知って即刻本屋で買いました。ページをめくったらもう最後まで止まらなかった。前作で、狡猾だけれど未熟さが目立ったサミュエルの成長譚。

    いずれ希望がもたらされること、他者の尻馬にのっかることばかり考えていた彼が、どう自身の納める領地と向き合うの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月02日

    頼りない双子の兄の身代りとして男装して宮廷に出仕する、このシリーズで最も少女小説らしい展開。ラブコメ感にニコニコしつつも、貧困との戦い、政争はこのシリーズらしく厳しいので読み応えもじゅうぶん。
    これだけで完結しているし、いちばん気軽に読めるので、シリーズでひとつだけ薦めるならこれだけど、「ベアトリス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

廃墟シリーズ のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女
    王族による共同統治が行われる国イルバス。王女ベアトリスは王宮を離れ、北方の辺境リルベクで趣味の工業生産に明け暮れていた。尊大な兄アルバートと狡猾な弟サミュエルが常に対立し、間に挟まれたベアトリスは分裂を回避するためにあえて引きこもっていたのだ。だが周辺国の情勢が悪化し、ベアトリスはついに政治的決断を迫られる……。国の命運を握るのは王女。激動のヒストリカルロマン!
  • 廃墟の片隅で春の詩を歌え 王女の帰還
    革命により王政が倒れた国・イルバス。処刑された前国王の遺した三姉妹の末王女アデールは、最北の辺境に建つ「廃墟の塔」に幽閉され、己や国の未来のことなど考えられず、ただ厳寒を耐え生き延びるのが精いっぱいの日々を送っていた。そんなある朝、他国に亡命していたという姉王女ジルダから手紙が届く。「イルバスを取り戻す気があるのなら――」。廃墟を逃れたアデールを巡り、様々な思惑が錯綜する。彼女と王国を待ち受ける運命とは!? ※本書は、eコバルト文庫「廃墟の片隅で春の詩を歌え」シリーズ3冊をもとに加筆修正をし、再編集したものです。
  • 廃墟の片隅で春の詩を歌え 女王の戴冠
    王政復古を果たしたベルトラム朝。だが女王ジルダと第二王女ミリアムの姉妹間の反目は、王宮全体を巻き込んだひずみとなり、新王政に影を落としはじめる。姉たちの争いを止められない己の無力さや、政略結婚相手の幼馴染・グレンを思うように愛せないことに苦しむアデールだったが、常春の国・ニカヤで出逢った三人の国王兄弟たちや民との交流を通し、新たな可能性を見出していく。隣国カスティアとの戦争の兆しに、否応なしに厳しさを増すイルバスの情勢。アデールを愛するあまり、グレンは次第に常軌を逸した行動をとり始め……。果たしてアデールとイルバスの未来は!? 激動のクライマックス! ※本書は、eコバルト文庫「廃墟の片隅で春の詩を歌え」シリーズ3冊をもとに加筆修正をし、再編集したものです。
  • 王杖よ、星すら見えない廃墟で踊れ
    王位継承権を持つ三人のきょうだいによる『共同統治』が敷かれるイルバス。末王子サミュエルが治める西部地域は貧しく、貧乏伯爵令嬢のエスメ・アシュレイルは食糧難を解決すべく、日々手を土に汚し畑仕事にいそしんでいた。丹精込めて育てた芋が盗まれたのをきっかけに、領地の窮状を王子に訴えようと決意したエスメ。頼りない双子の兄に代わり男装して王宮に出仕するが、当のサミュエルにまつわる噂は気難し屋だワガママだと、あまり芳しいものではなく……? ふたつの星が巡り逢うとき、王国に新たな風がもたらされる!
  • クローディア、お前は廃墟を彷徨う暗闇の王妃
    ある雨の夜、予期せぬ邂逅を果たしたクローディアとアルバートの運命は? 更には謎の老人率いる組織「赤の王冠」の暗躍により、イルバス、ニカヤ、カスティアをも巻き込む大いなる陰謀が動き出そうとしていて――!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング