警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者

作者名 :
通常価格 584円 (531円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

警視庁管内にて、税理士の妻子が誘拐されたとの一報が入る。身代金取引現場の近くに偶然居合わせた「女性犯罪」捜査班の原麻希が捜査に加わるが、警察が介入していることがばれて取引は中止に。その後、多摩川流域にて女性と子供の遺体が発見される。そして同じ多摩川流域で“第3の遺体”も見つかり――。天才捜査官・原麻希が、犯人の“見えない”難事件に挑む、人気シリーズ第3弾!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
349ページ
電子版発売日
2020年09月25日
サイズ(目安)
1MB

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月12日

    「営利誘拐事件」「女性全裸死体遺棄事件」「雑木林女性連続殺人事件」「マンション3人殺し」の4つの事件が起こるのだが、結局は全部相互にかかわりがあるのだ。小説だから当たり前だよね。最初からそう予想できてしまうのだが、それでも読んでいて面白い。新しいキャラの残念なイケメン鍋島友馬刑事がへまをやりながらも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月21日

    実社会では面倒を避けるため事件を目撃しても知らん顔をする人、SNSでは独善的な正義感を発揮して手当たり次第に非難する人、自分のミスを誤魔化すためなら平気で他人に迷惑をかける人など、まさに現代社会が孕む問題を組み合わせたような作品でした。
    それだけではなく捜査過程の描き方や事件の構図もよく出来ており、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月19日

    新シリーズ、第三弾。

    警視庁管内で、税理士の母子誘拐事件が発生し、原と星野が、捜査に加わるが、警察の介入がばれて取引は中止に。

    そして、母子の遺体が発見される。
    続いて、女性の遺体が...

    事件は、連続殺人なのか、別々の事件なのか?
    更に続く、殺人事件。二転三転する真実。そして、姿の見えない真...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    現代の世相を反映しているかの展開。偶然が重なった部分はあったが、全くあり得なくはないのかなと思ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    3月-11。3.0点。
    女性捜査班原麻希第3弾。
    税理士の妻子が誘拐され、身代金受渡しに失敗。妻子は死体で発見される。
    同時期に別の死体も上がり、捜査は混迷を極める。

    展開が速く意外な方向へ進むが、あっさりとまとまる。
    次作も期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月06日

    プロットは決して悪くないと思うんだけど、事件を解明していくプロセスが粗い。そんな推理、神様でも出来んぞのレベル。登場人物のキャラは良いので、あまりスーパーマン(ウーマン)ばりの展開にしないで、じっくりと組み立てれば傑作になると思うけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月27日

    警視庁管内にて、税理士の妻子が誘拐されたとの一報が入る。身代金取引現場の近くに偶然居合わせた「女性犯罪」捜査班の原麻希が捜査に加わるが、警察が介入していることがばれて取引は中止に。その後、多摩川流域にて女性と子供の遺体が発見される。そして同じ多摩川流域で“第3の遺体”も見つかりー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    前編、後編に分かれ、前編では母子誘拐事件、女性の全裸遺体発見が描かれ、後編ではさらに、若い女性が強姦され殺害されるといいう事件が起こる。

    母子誘拐事件では身代金の受け渡しで、女性犯罪捜査斑の原麻希が応援に駆け付けるが警察の介入を気づかれ、取引は中止に。

    その後、母子の遺体が発見されてしまう。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月09日

    原麻希・女性犯罪捜査班シリーズ第3弾。
    税理士の妻子が誘拐され、身代金の受け渡しの状況から、物語は始まる。しかし、その誘拐は狂言であることが分かり、事件は複数の事件と交錯し、思わぬ展開を迎える。
    前作に続き、タイトルの「通報者」の意味をラストで語っているのは、好感が持てるけど、相変わらず、登場人物の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月15日

    原麻希シリーズの第8作。

    女性犯罪捜査班の原麻希が税理士の妻子誘拐事件の捜査に加わり、この難事件を解決するというのが大筋。最悪の事件展開を描いている割りには、全体を通してストーリーに緊張感が無いように感じた。また、女性犯罪捜査班という割りには麻希の昔の同僚とのしがらみばかりが描かれて、新シリーズの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています