ハンカチの上の花畑

ハンカチの上の花畑

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

幻想のイメージを鮮明に美しく描いて、独自のファンタジーの世界を形成する、安房直子の童話集。正直者の良夫さんは、二つの約束とともに古い壺をあずかります。壺には、ハンカチの上に菊の花をさかせておいしい菊酒を造る小人が住んでいて……という「ハンカチの上の花畑」ほか、「空色のゆりいす」「ライラック通りの帽子屋」の2編も収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
163ページ
電子版発売日
2020年06月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ハンカチの上の花畑 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年06月22日

    安房さんの作品は小学校の「きつねの窓」、中学校の「鳥」と教科書が最初だったのですが、どうしても他の作品が読みたくてこのタイトルの文庫本を買いました。

    彼女の作品は、ささやかなしあわせと人間の何気ない業がもたらす悲しい結末。
    読み終わると「どうして……なぜ……」というやるせない気持ちに泣けてきた記憶...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    小学校の図書室に置いてあった。私が始めてハマった活字本だと思う。何度も何度も読んで貸し出しカードが自分の名前で1枚埋まった記憶がある(笑)ハンカチの上で小さな家族達が種をまいて花を咲かせたり、その花からお酒をつくったり。靴や帽子を作っておくと嬉しそうに身につけてくれたり。当時は自分でもハンカチを広げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    独特な世界を紡ぎ出す人がいる… 日本のファンタジーは、英米の影響が強い感じを受ける人が多いけれど、この人は国産という雰囲気がする。 もっと評価されてもいい、と思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています