貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい 1
  • 完結

貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい 1

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ローザは美貌と慈愛深さで知られる伯爵令嬢。
しかし実際は、薔薇愛、つまり男同士の恋愛に妄想をたぎらせ
己の萌えを追及しまくる貴腐人であった。
14歳のある日、千年に一人の理想の「受け」逸材である異母弟のベルナルドと
(一方的に)運命的な出会いをしたローザ。
すぐさま「ベルたん総受け計画」を策定し奮闘するも
その腐りきった振舞いがなぜかことごとく高潔な行いと勘違いされ――?
王子や王女、さらには異国の王子まで巻き込んで
ローザの妄想が国中に影響を与えることに!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2020年06月05日
紙の本の発売
2020年06月
サイズ(目安)
9MB

貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    笑いました

    sayu-hoso 2020年06月14日

    とても面白い作品です主人公と他の登場人物との思考のズレがあるのに上手く話しがまとまるのが笑いました。平行線なのになんなんだろうと思いながら読んでました最初から最後まで面白い作品でした2貫目はいつ出るのか楽しみですが2貫目出ますよね?切に願います

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    腐ってやがる、

    O.sugi 2022年02月09日

    遅過ぎたんだ…もはや、手の打ちようが無い(-_-;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月22日

    単純に面白かった(笑える方向で)。ラノベのテッパンパターンである、本人の周りの人がいい方に誤解して、祭り上げられて行く、あれ。主人公のローザが可愛く好感が持てる。自分の愛に真摯に向き合う(爆)姿が、、笑うしかない。なんなんでしょうね、これはコメディ?というジャンルなのでは。自己完結観客型恋愛?、これ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    異世界転生ものやトリップものではなく現地主人公。腐女子という概念すらないはずの世界で、貴腐人として振る舞ううちに周囲に良い方向へ勘違いされ自らも周囲の反応を勘違いしながらもテンポ良く進んでいくストーリー。自身の萌え、そしてBLへの熱意があらぬ方向に勘違いされて自称貴腐人、他称病弱で純真無垢な美少女。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    異世界令嬢モノ。
    タイトルの通り、主人公は貴腐人(腐女子)
    下手すると出オチになってしまいそうな設定だけど、物語としても面白い。
    コミカライズも企画されているそうで、楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい 1
    完結
    ローザは美貌と慈愛深さで知られる伯爵令嬢。 しかし実際は、薔薇愛、つまり男同士の恋愛に妄想をたぎらせ 己の萌えを追及しまくる貴腐人であった。 14歳のある日、千年に一人の理想の「受け」逸材である異母弟のベルナルドと (一方的に)運命的な出会いをしたローザ。 すぐさま「ベルたん総受け計画」を策定し奮闘するも その腐りきった振舞いがなぜかことごとく高潔な行いと勘違いされ――? 王子や王女、さらには異国の王子まで巻き込んで ローザの妄想が国中に影響を与えることに!?
  • 貴腐人ローザは陰から愛を見守りたい 2
    完結
    かんちがい妄想が咲き乱れる第2巻! 薔薇の天使と称えられる美しき伯爵令嬢のローザ。 しかし実際は、男同士の恋愛に妄想をたぎらせる貴腐人であった。 一方、ローザの叔父のアントンは女同士の恋愛に妄想をたぎらせる百合の使徒。 久しぶりに再会した二人は、お互いの宗派(?)を布教すべく 水面下でバトルを繰り広げていた。 そんなとき、 王宮では王太子妃選抜茶会に端を発した陰謀の気配が。 ローザはそれに気づくこともなく、薔薇愛布教に邁進していたのだが その加速し続ける妄想と腐りきった振る舞いが救国へと導くことに!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング