未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」

未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【内容紹介】
プレゼンの神が本気で対話!あなたの言葉が相手に響く!
「人を動かす」新時代のバイブル。最高の「表現力」と「伝え方」。

【著者紹介】
[著]伊藤羊一(いとう・よういち)
ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリスト、Yahoo!アカデミア学長。株式会社ウェイウェイ代表取締役。1967年、東京都に生まれる。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行に入行。2003年、プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当し、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括する。2015年にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行うだけでなく、グロービス経営大学院客員教授として教壇に立つほか、大手企業で様々な講演・研修を実施している。著書には、『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』『「わかってはいるけど動けない」人のための 0秒で動け』(ともにSBクリエイティブ)、『やりたいことなんて、なくていい。将来の不安と焦りがなくなるキャリア講義』(PHP研究所)などがある。

[著]澤 円(さわ・まどか)
日本マイクロソフト株式会社業務執行役員。株式会社圓窓代表取締役。1969年生まれ、千葉県出身。立教大学経済学部卒業後、生命保険会社のIT子会社を経て、1997年にマイクロソフト(現・日本マイクロソフト)に入社。情報共有系コンサルタント、プリセールスSE、競合対策専門営業チームマネージャー、クラウドプラットフォーム営業本部長などを歴任し、2011年、マイクロソフトテクノロジーセンター・センター長に就任。2006年には、世界中のマイクロソフト社員のなかで卓越した社員にのみ授与される、ビル・ゲイツの名を冠した賞を受賞した。現在は、年間300回近くのプレゼンをこなすスペシャリストとしても知られる。ボイスメディア「Voicy」で配信する「澤円の深夜の福音ラジオ」も人気。著書には、『外資系エリートのシンプルな伝え方』(KADOKAWA)、『マイクロソフト伝説マネジャーの世界No.1プレゼン術』(ダイヤモンド社)などがある。

【目次抜粋】
はじめに 澤 円
譲れない想いを持て 伊藤羊一 【思索編】
考えられる人であれ 澤 円 【思索編】
「対話」して心を動かす 伊藤羊一 【行動編】
「幸せ」をプレゼントする 澤 円 【行動編】
自分の人生は自分で決める 伊藤羊一× 澤 円 SESSION_01
表現する人が生き残る時代 伊藤羊一× 澤 円 SESSION_02
誰もが未来の創造者になる 伊藤羊一× 澤 円 SESSION_03
おわりに 伊藤羊一

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
プレジデント社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年05月27日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    リモートワークが中心の社会になって、フルーランスの私は圧倒的に働きやすくなった。仕組みもだけど、心理的にも。

    取引先の企業の方と話したり、一緒にプロジェクトを進めたりしていると、この人たち(中高年)が変わらないと会社は変わらないんじゃないかなと感じることがよくある。
    「若い人はすぐ辞めるから」
    ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    Voicyでいつも拝聴している、プレゼンの神(帯より)伊藤さん・澤さんそれぞれのキャリア→プレゼン論、そしてお二人の対話からの仕事論。
    それぞれのコーナーは別々で書いているはずで、当然これまでのキャリアは全然違うし、その意味で2冊分の価値があるのだが、結局同じようなことを言っているのが面白い。細かい...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    なんてお得な本だろうか。

    伊藤羊一さん、澤円さんのプレゼンの技術論の要約が凝縮されていて、しかもこれからの時代を生きる全ての人へのメッセージが込められている。

    45の私が読んでも感動したが、特に若い人、就職する前の人にも読んでもらいたい。

    0

    Posted by ブクログ 2021年10月30日

    未来を創るプレゼン 最高の「表現力」と「伝え方」
    著:伊藤 羊一 ・ 澤 円

    本書は、多くのビジネスパーソンが仕事で取り組む「プレゼン」を軸に、その効果的なメソッドにとどまらず、広く仕事の意味やこれからの時代の働き方、来るべき未来の世界像についてまで幅広く考察され、熱く語られた一冊である。

    本書...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    年間300回のプレゼンを行う、伊藤羊一さんと澤円さんの共著。プレゼンに掛ける想いやテクニックのほか、人生において大切なものや自らが「在り方」を考えて自らが変えていく、といったことが述べられています。

    自分がこの本を読んでいて、なるほどなと思ったのは、プレゼンは聞き手にとってハッピーなストーリーをプ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    flierでの紹介きっかけに、購入。
    本文中でも言及されているが、著者二人の考え方は重なるところが有りつつ、それがテクニックとしては違って出たりするのが面白い。 やはり伝えることで動いてもらう、ということがプレゼンでは大切と再認識できた。

    0

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    タイトルの通り、未来を自分で創っていくという考えが大事だという事が分かる本でした。

    自分がどうしたいのかを考え抜いてプレゼンや仕事に活かしていく事で自分や周りの未来を創っていく事が大事だなと思いました。

    伊藤羊一さんの『1分で話せ』『0秒で動け』も読んだ事があるので内容はそれと重複する部分もあり...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    私は仕事でプレゼンすることはないのだけれどと思いながら読みましたが、これは仕事に活かせます。人に対して何かを伝える立場にあるならば、相手にどう動いてほしいかがゴールであり、そこにいくまでのプロセスはプレゼンと同じ。相手のことを考え尽くし、どうしたら伝わるか、動かすことができるか、ワクワクさせられるか...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング