伝える仕事

伝える仕事

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,485円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自分らしい仕事とは、何だろう。

わかりやすいとは、どういうことだろう。

NHKの駆け出し記者時代、記者キャスターへの起用、「週刊こどもニュース」のお父さんになってから、そして独立を経て今まで。
「わかりやすい解説」といえば池上さん。そのように言われるようになるまでに、試行錯誤を重ねながら、どのように自分ならではの仕事をつくりだしてきたのか。率直に綴った自伝的仕事論&メディア論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年05月27日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
1MB

伝える仕事 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    メディア人として読んで良かったと思える一冊。教科書的な本です。

    あの池上彰氏が文章の師と仰いだのはどなたか、文章に「私」を入れることの難しさ、吉田調書問題をめぐる一連の騒動など、きちんもわかっていなかったことを理解することができました。

    印象に残った一節は、「新聞が生き残るために重要なのは、記者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    いつも社会問題をわかりやすく解説する本を書く池上さんが自分にフォーカスした本を書くのはおそらく初めてでしょう。NHK時代の仕事ぶりについてかなりいろいろと書いてあります。報道記者を志望する人は一度目を通しておいて損はないでしょう(就活生時代に読みたかった!もう少し前に出してくれていれば…!!)また、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    著者の本はニュース解説などが多いが、この本には自身の半生が書き綴られている。いままで経験してきた苦労や仕事の面白みなどが追体験できる。読んでいて頭に入りやすく、一気に読み終えてしまった。

    他の人の人生を味わうことができる読書の醍醐味は、この本を読むことで十分味わうことができる。


    第8章「チーム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月24日

    ジャーナリストでありニュース解説でお馴染みの池上彰氏が自身のNHKでの記者時代からこどもニュースそしてNHKを退社してから現在のニュース解説の地位を築くまでの反省を書いた一冊。

    NHKに勤務して今でも常に伝えることの最前線にいる池上氏が伝えるということについて自身の人生の振り返りとともに書かれてお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング