時の名残り(新潮文庫)

時の名残り(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

作家として立つために夫・吉村昭とともに必死で小説を書き続けた若い頃。戦時中の青春。長崎、三陸、北海道、湯沢、日暮里、吉祥寺など、仕事以外には旅をしない夫の取材に連れ立った思い出の地と、移り住んだ土地。「戦艦武蔵」「星への旅」「海鳴」「流星雨」など、それぞれが生み出した作品の創作秘話。そして、故郷・福井への思い。昭和三年生れの著者が人生の軌跡を綴った珠玉の随筆五十三篇。(解説・松田哲夫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2019年12月
サイズ(目安)
1MB

時の名残り(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月05日

    小説家ってほんまに大変そうで、かっこいいけどなりたいとは思わへん。
    でもネタのためであれ、詳しい話を聞きに行くとか、色んなことやってみることの大切さは最近とても実感した。学ぼうと思わないと学べへんし、学んだことはどんな雑学でも為になるねん。ちょっとズレるけどそんなこと思いながら読んでた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています