餓狼伝 the Bound Volume.4 【合本版】
  • 最新刊

餓狼伝 the Bound Volume.4 【合本版】

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

姫川に敗れ、魂ごと放浪していた文七の下に、土方がおでん屋の親父にやられたとの報せが届く。陰にちらつくスクネ流…その謎を追ってブラジルからの刺客も来日。力王山VS松尾象山の激闘にも注目が集まる! 新・餓狼伝に続くXI~XIIIを合本刊行。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉ノベルス
電子版発売日
2020年05月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

餓狼伝 the Bound Volume.4 【合本版】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    4巻。やっと読み終わったが、まだまだ続くとは・・・。

    ちょっと違うが漫画のほうにも手を出す。

    それにしても、完結はいつなんだか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月03日

     姫川に負けてうんこを漏らしたことが全国中継されてしまった丹波文七が気の毒でならないのだが、復活の兆しがあって嬉しい。最終巻なのでどのような形の結末になるのか期待して読んでいたのだが、終わるつもりがまったく無さそうな気配で、新キャラがまた出て来て非常に途中で終わって、そしてとうとうあとがきにも「あと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

餓狼伝 the Bound のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 餓狼伝 the Bound Volume.1 【合本版】
    プロレスラー・梶原年男に完膚なきまでに叩きのめされてから6年…丹羽文七は竹宮流・泉宗一郎に命をかけた野試合で勝利した。「現代の宮本武蔵を描く」というコンセプトのもと始まった不朽の名作、I~IIIと外伝を合本刊行。
  • 餓狼伝 the Bound Volume.2 【合本版】
    「格闘技オリンピック」が開かれ、文七は堤城平と死闘を演じる。さらに松尾象山指揮下で北辰館トーナメントが開幕。伝説の必殺技「虎王」がベールを脱ぐなか、巽、姫川、藤巻など役者が出揃って雌雄を決する。至高の格闘小説、IV~VIIを合本刊行。
  • 餓狼伝 the Bound Volume.3 【合本版】
    アメリカの裏社会で息づいていた古流武術・葵流。継承者の葵三兄弟は表舞台に出るべく暗躍を繰り返す。さらに、北辰館・東洋プロレス合同トーナメントが開幕し、文七は姫川に完敗する。スクネ流も登場する新装版第3弾。VIII~Xを合本刊行。
  • 餓狼伝 the Bound Volume.4 【合本版】
    姫川に敗れ、魂ごと放浪していた文七の下に、土方がおでん屋の親父にやられたとの報せが届く。陰にちらつくスクネ流…その謎を追ってブラジルからの刺客も来日。力王山VS松尾象山の激闘にも注目が集まる! 新・餓狼伝に続くXI~XIIIを合本刊行。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています