みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

みずほフィナンシャルグループ(FG)が2011年から進めてきた「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが2019年7月、ついに完了した。
 富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に1000社ものシステムインテグレーターが参加したものの、2度にわたって開発完了が延期になったことから、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダファミリア」とまで呼ばれた史上最大級のITプロジェクトだ。みずほ
FGは完了までに8年もの年月と、35万人月、4000億円台半ばをつぎ込んだ。
 1980年代に稼働した「第3次オンラインシステム」の全面刷新は、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合したみずほFGにとって、2000年の発足以来の悲願だった。
 しかしシステム刷新は何度も挫折し、2002年と2011年には大規模なシステム障害を引き起こした。80年代の非効率的な事務フローが残ったままになるなど、勘定系システムの老朽化は経営の足かせになっていた。
 なぜみずほ銀行のシステム刷新は、これほどまでに長引いたのか。そして今回はどうやって完了に導いたのか。みずほ銀行がこれから目指す金融デジタル化戦略を、みずほFGにおける19年の苦闘の歴史を追いかけ続けた日経コンピュータが解き明かす。
 多くの日本企業が直面する情報システムの老朽化問題、「2025年の崖」を乗り越えるヒントがここにある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
日経BP
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年02月15日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    二度の大規模障害を引き起こしたみずほ銀行のシステム開発・統合について、トラブルの内容とその原因を綴った本。
    本書で得られた知見は大きく2つ。
    まず、大規模システムの構成要素とその繋がりを感覚的に掴むことができた。システム関連の職種ではないが企業戦略には携わる我が身にとって、システムに関して程よい粒度...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月19日

    この本もビジネス書ではなく、もはやシステムの歴史の教科書になってしまった。
    10年後には本文も同じ分量の注釈が必要だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月05日

    みずほ銀行発足前後からシステム統合完成まで苦闘の19年。
    会社にとってシステムとは何か、システムが強い、弱いとは何か、を考えさせられながら読んだ。
    システム開発手法という切り口でもう一冊出してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    けちょんけちょんに書かれるのかと思ったら、3回目は妙に褒めていて気持ち悪い。その他二回失敗はダメだししてるけどね。会社の体質がそんなに変わるわけがないから、3回目なんとか無事だったのは、「はじめて必死にやったから」なんだろうね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    日本の大企業組織の姿

    サバンナ 2020年03月21日

    面白かった。やはり終身雇用で人事制度が硬直化した組織は、個々が優秀でも正常な意思決定が出来なくなる。
    多分誰でもすべき事やるべき事はわかっているが、組織としては動けない、もしくは必要以上に動きが遅くなる、みたいな事は内向きな終身雇用の組織で起きており、これが日本が世界からもアジアの国々からも凋落しつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    他人事ではない職のため、教訓として読んだ。

    同時に良い事例でもあるので、各会社、業界で様々話し合う場が持たれると……良いなと……思った。話し合う場など今の日本社会にはないかもしれないが……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    奇しくもMINORI稼働後最大の障害(2021/2,3)発生直後に本書を読むことに。。
    まず、本書の構成に違和感があった。合併後の障害→3.11後の障害→MINORI構築と、時系列順にした方が、物語としては読みやすい。そうしなかったのは、失敗からの成功譚として安直に受け取って欲しくなかったからか?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月22日

    工数35万人月、4,000億円もの巨費による、新勘定系システムMINORIの開発。
    その開発ストーリーだけでなく、過去2回の大規模システム障害についての発生要因等も分析、記載されている点が面白い。
    2021.3月時点、ここ最近立て続けに障害が起きているが、果たして過去の経験は活かされているのだろうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    相当なプロジェクトだったらしいと噂には聞いていたが、35万人月、4000億円規模という数字を見て途方もないと感じた。金融系の基幹システムってやっぱやばいんだな…。
    システムの老朽化やブラックボックス化、仕様の人依存、緊急事態発生時の対応フローの整備の甘さ、経営陣のシステムへの理解不足などの状況に直面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    4月から金融機関に就職予定なので、同業の本を読んでおこうと思い、購入。

    新システム「MINORI」ができる前の銀行員、めちゃめちゃ大変だっただろうなぁという感想が正直な所。人々の信頼を得ていなければならない銀行の中でも3メガの1つが、こんなに杜撰な管理体制だったことに少し驚いた。

    大学の文系同期...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 に関連する特集・キャンペーン