ITの新たな危機 ゾンビOSS(日経BP Next ICT選書)

ITの新たな危機 ゾンビOSS(日経BP Next ICT選書)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※本書は、日経コンピュータ誌の特集記事「ゾンビOSSが危ない」(2014年12月11日号)を
 スマートフォンでも読みやすく再構成した電子書籍です。
 専門記者によるレポートが手ごろな価格で手に入ります。

既に死んでいるにもかかわらず町中を徘はい徊かいし、
人間に危害を加えようとする怪物「ゾンビ」――。
記者は、「ソフトウエアとしての寿命が尽きた“ゾンビOSS”が
世界中の情報システムを危機に陥れている」と主張しています。

分かりやすい例は、Javaアプリケーションフレームワーク「Struts 1」の
セキュリティ脆弱性、暗号ソフト「OpenSSL」の脆弱性「Heartbleed」です。
これらのOSSを利用している情報システムは大きなリスクを抱え込むことになりました。

「なぜこんな事態になったのか」「ではどうしたらよいのか」を独自の分析でまとめたのが本書です。

ゾンビ化を避けるには、「OSS側の開発事情を知ることが大切」だと記者は論じ、
OSSを5つに分類して、それぞれのリスクを解説しています。ここが一番の読みどころです。

パート3では「ゾンビ化を避ける心得」として4つ紹介しています。
それは、OSSを利用するすべてのエンジニアが知っておくべき内容だと思います。

ジャンル
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日経BP Next ICT選書
電子版発売日
2015年07月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ITの新たな危機 ゾンビOSS(日経BP Next ICT選書) のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています