金沢古妖具屋くらがり堂

金沢古妖具屋くらがり堂

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

金沢に転校してきた男子高校生・葛城汀一は、街を散策している際に店先にあった壺を壊してしまい、古道具屋でアルバイトすることになる。しかしそこは普通の古道具屋ではない、妖怪たちの道具“妖具”を扱うお店だった!店の主人をはじめ、そこで働くクラスメイトの美男子・時雨も妖怪で、人間たちにまじって生活をしているという。汀一はアルバイトをする中で、さまざまな妖怪や妖具に出会うことになり……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
ページ数
284ページ
電子版発売日
2020年02月05日
紙の本の発売
2020年02月
サイズ(目安)
8MB

金沢古妖具屋くらがり堂 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月25日

    汀一と時雨の掛け合いが路生よるさんの『地獄くらやみ花もなき』のふたりににてるわ…
    同じ作家さんかと思った…
    時雨はだいぶ人間ぽくなるけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    金沢を舞台とした、道具の妖怪と人間の友情話。金沢には行ったことがありませんが、旅情を掻き立てられるね。
    妖怪ものではありますが、あまり派手な展開はなく日常系といった感じ。自然に妖怪と人が共存している。妖術ばんばん系を期待していると肩透かしかもしれませんが、町の雰囲気ともあっていて、個人的にはなかなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    峰守先生のお話で主役コンビがどちらも未成年の高校生というのは個人的に初めてで新鮮味がありました。
    (『ほうかご百物語』だけ未読なのです)
    妖怪絡みのトラブルの話も面白かったですけど、人間と妖怪の友情の進展を見られたのも楽しかったです。
    アオハルしてるなあ。
    互いに他人への距離感がよく分かっていないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

金沢古妖具屋くらがり堂 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 金沢古妖具屋くらがり堂
    金沢に転校してきた男子高校生・葛城汀一は、街を散策している際に店先にあった壺を壊してしまい、古道具屋でアルバイトすることになる。しかしそこは普通の古道具屋ではない、妖怪たちの道具“妖具”を扱うお店だった!店の主人をはじめ、そこで働くクラスメイトの美男子・時雨も妖怪で、人間たちにまじって生活をしているという。汀一はアルバイトをする中で、さまざまな妖怪や妖具に出会うことになり……。
  • 金沢古妖具屋くらがり堂 冬来たりなば
    妖怪たちの古道具――古“妖”具を取り扱う不思議なお店「蔵借(くらがり)堂」。そこでアルバイトする男子高校生の汀一と、実は唐傘の妖怪である時雨のバディ・ストーリー第二弾! 妖怪祓いのイケメン・小春木の登場で、くらがり堂にピンチが訪れる……!? 『絶対城先輩の妖怪学講座』著者がおくる、ほっこり温かく、ちょっぴり切ない妖怪の日常系事件簿。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています