夫のトリセツ

夫のトリセツ

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしている『妻のトリセツ』。「次はぜひ夫編を」読者の熱い声に応えてついに登場。「話が通じない」「わかってくれない」「思いやりがない」「とにかく気が利かない」……腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊。今度は脳科学から男脳を解明。夫婦70年時代のバイブル。第1章 神は、夫婦を別れさせようとしている第2章 使えない夫を「気の利く夫」に変える方法第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法第4章 脳とは、かくも厄介なものである…………………………………………………第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法「愛は『してもらう」ことで稼ぐ」より「私は、男性にはよく『ウルトラマンの妻になったところを想像してみて』と言う。ウルトラマンである。何万光年のかなたの、知らない星の子どもの命を救いに、命がけで出かけちゃうんだ、この夫は。妻としてはわけがわからないが、それが、男の使命だと言うのなら、行ってらっしゃい、である。地球に3ヵ月の単身赴任。そんなことで、妻は絶望したりしない。妻がウルトラマンに絶望するのは、ウルトラマンが弱みを見せないから。たまに帰ってきて、黙ってご飯を食べて、また出かける。それでは、自分がここにいる理由がない。彼の人生から締め出されたような気持になってしまうだろう。ウルトラマンは、妻に弱音を吐かなくちゃ。『今日、ゼットンにここ蹴られて、痛かったの』くらい言って甘えればいいのだ。『大丈夫? うるちゃん、ふぅふうしてあげるね』『ありがとう。きみのおかげで、僕はまた戦えるよ』そんなふうに心を通わすことができれば、妻にとって、夫はかけがえのないものになっていく。ほらね、愛は、してくれることよりも、してあげることで強まるのである。子どもがかけがえがないのは、命を与え、食べさせ、世話をし続けるからだ。猫がかわいいのは、手がかかるからだ」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2019年10月18日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

夫のトリセツ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    離婚の危機もありながら夫婦として暮らしていく覚悟を決めたわたしにとって、この本は今後一生側に置いておきたいと思いました(⍢)
    まさに夫婦という航海に必要不可欠な羅針盤だと深く共感します!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    娘の気持ちには寄り添い共感するいい父を演じるくせに、私にはそんな態度は取らない。期待はしていないけど、それでもモヤモヤするし傷つきもする。そんな私にピッタリの本。
    「定番」を好み、沈黙でストレスを解消する男性脳、なるほど。鎖骨の使い方の男女の差も面白い。
    いろいろ「へー」と思うところもあったが、「夫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月14日

    なるほど〜
    そうか、それは気をつけよう。
    うんうん、嫌だって言われたことある。
    と納得でした笑
    妻のトリセツも読んでみようかな~

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    すべてが腑に落ちた。一人であれこれ悩むのは、時間の無駄だと思った。これからも事あるごとに読むことにする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    妻のトリセツと同じ作者(女性)の視点から書かれている分、男性脳と女性脳の違いを書いている部分に新鮮味がかけるが、より女性向けに書かれていて面白かった。
    印象的だったのは「ほぇほぇぴー」、といえば読んだ方には分かっていただけるだろうか。私もこの本を読む数日前、返事がない主人に話を聞いているか尋ねたとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月08日

    読んだ後にすっきりする本!!
    夫はいないけど、普段の人間関係で、あれ?と思った時に一呼吸おける。めちゃ参考になります*\(^o^)/*

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なるほどーと思わせられる!

    やまちゃん 2020年03月17日

    書いてある内容が、自分の事とリンクしまくりで、一気に読み進められました!
    読む前と読んだ後では、考え方が180°変わりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    学校で教えてもいいかもと思える。離婚率は上がっている、家庭内別居も増えている、しかし対策が講じられていない。在宅勤務で夫婦が一緒にいる時間が増えている。仕事のイライラも相まって衝突しやすい環境だ。夫婦で衝突回避できる知識がこの本の内容の中に一つでも見つかればと願う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    自分のことが書いてありました。
    妻のトリセツも併せて読んだ方が男女両者の考えがわかって良いですよ。
    それによって、どちらか一方ではなくお互いに歩みよらないといけないよねっ、て思いますよ。

    ホモサピエンスだけどもお互い違う生き物なんだから

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    妻としての感想。
    結局こっちが捉え方を変えるしかないんですか?ってややがっかり。ただ、脳科学的視点から男女の考え方の差異について説明があるのは普通に興味深かった。夫が『妻のトリセツ』を読んだ場合もこんな感想になるのかな?
    ちなみに『妻のトリセツ』のほうは「これこれ!私が求めてるのはまさにこんな風に共...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています