現実逃避してたらボロボロになった話

現実逃避してたらボロボロになった話

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
紙の本 [参考] 1,017円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

飲まずにはいられない、描かずにはいられない。
31歳、自分を見失い、アルコール性急性膵炎に……

慢性的な生きづらさ、創作による苦しみから逃れるため、どんどん増えていく酒量。ある日、耐えきれない腹痛におそわれ病院に行くと「アルコール性急性膵炎」と診断され即入院となる。この本は、その入院生活と退院後・コミックエッセイを再度描くに至るまでを描いた実話である。

【目次】
プロローグ
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
イースト・プレス
ページ数
140ページ
電子版発売日
2019年11月07日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
157MB

関連タグ:

新刊オート購入

現実逃避してたらボロボロになった話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    可愛い絵でシビアなエッセイ漫画

    電子マン 2019年12月01日

    久しぶりの永田カビさん新刊。
    いきなりの腹痛から入院して点滴治療、そこから退院後までの生活を赤裸々に描く。つまり入院レポ漫画ですね。
    今回は基本的にレズ風俗要素はありません。酒で体を壊した辛さと漫画の仕事が上手くいかない悩みが切々と語られます。
    エロシーンはないですが、昔懐かしい「ねじ式」ネタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    いつも自分と真っ向から向き合って闘ってるカビさん。
    読んでると自分もハッとさせられたり。色々な思い、時には哲学のような考えに繊細さを感じながらも、強い人だなぁと…。私ならここまで自分と向き合えないもの。
    エッセイもフィクションも、これからも楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月25日

     面白く読めた。しかし『さびしくてレズ風俗〜』には及ばない。よって☆4つ。
     『風と木の詩』や『ねじ式』のパロディは秀逸。
     告白エッセイを描く決意に至るまでの言い訳=正当化は、まどろっこしい気がした。
     追記:作者 永田カビは美人、という目撃情報を知った。ここまで可愛くないだろうと思っていたが、今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    もろ 2020年08月18日

    ほんとに自分と向き合い続けて闇を深めている感の作者。
    それが仕事になっているのは才能だけど、どんどん幸せからは遠ざかってしまうようでそれがこの人の業だなと。
    アルコールでついに体を壊したようで心配です。
    でも家族との関係は改善しているようでよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月10日

    本屋でタイトルをみて気になっていた著者の新刊が出ていたので、ジャケ買いして読んでみた。 疎外感に苛まれ、ぎりぎりのところで自分を見つめ傷つけながら生きてる人。 それを表現する言葉も画力もあるのに、使い方がわかっていない印象を受ける。 アル中一歩手前で、先に体が悲鳴を上げた形で入院。 退院して、その体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    2019年11月7日


    少し見かけない時期があったから何かと思えば
    こんなことになっていたんですか、、、カビさん
    フィクションのネーム、酒、糖質制限、酒、自己否定、酒
    依存して入院の病院生活
    ノンフィクションを描きたい悩みと、体調ととでバッドな自己でぐるぐると
    それでもこの本ができたし、お酒は程々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    絵からエネルギーを感じる。
    前回は地獄の中で描いていた衝撃作でしたが、今回はバランスの取れた良作。絵から見て、元気になってくれているようでよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    過量飲酒で急性膵炎になった筆者の闘病とその後について書かれたエッセイ。
    私も「自分が対峙している世界の解像度を下げたい」と思って酒を飲んでいたので共感することが多かった。

    著者の作品を読むのは本書で3冊目だが、この人の絵はデフォルメされてるにもかかわらず人物の焦燥感や色気が表現されていてとても巧み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    エッセイというか膵炎レポート!って感覚、だけど面白いなあ。本屋でたまたま見かけて、新刊出てたんだー!って購入。これからも漫画読みたいので、ほどほどに健康でいてほしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    表現者だなと思いました

    nuko 2020年09月27日

    アルコールに頼ることもやる気が出ず我慢がきなかいことも自分のことのようでとても共感できました。

    自分のことを発信する、自分の世界観を表現する。
    自分のやりたいことを再度模索しながら悩み、時には逃げ出し原点に帰り、前よりほんの少しだけ強くなった意思と共に再出発するという点で私はこのラストはとても好き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています