謎が解けたら、ごきげんよう(新潮文庫)

謎が解けたら、ごきげんよう(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時は昭和6年。小説家の母を持ち、女学校に通う14歳の茜は、放蕩者の父に困らされつつも平和でちょっぴり退屈な日常を過ごしていた。が、それも過去の話。やんごとなき血を継ぐ天才少女探偵・夏我目潮に、“電気ガール”の異名を持つ発明家の卵・丸川環、ホンモノの華族令嬢・見留院紫の四人で探偵団を結成し、巷を騒がす謎を解決するのである! かしまし女学生の本格青春ミステリー。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

謎が解けたら、ごきげんよう(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月26日

    昭和少女探偵団に続くシリーズ二作目。面白かったです!
    みずからが発起人となった探偵団のメンバーと、謎解きを通してさらに絆を深める茜。
    やはり潮との関係が軸になっていますが、環や紫とも、また一巻の事件をきっかけに知己を得た鬼頭刑事とも、過ごす時間が増えていって、これからの展開がますます楽しみです。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    3章は好きです。スピンオフのような鬼頭刑事の話でした。本編では少々頭の固いもなんだかんだで協力してくれる刑事ですが、この章では自分自身の謎が解けていくことにきちんと向き合っていて一気に好きになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    命短し、かしまし乙女は今日も謎を解く。時は昭和6年。小説家の母を持ち、女学校に通う14歳の茜は、放蕩者の父に困らされつつも平和でちょっぴり退屈な日常を過ごしていた。が、それも過去の話。やんごとなき血を継ぐ天才少女探偵・夏我目潮に、〝電気ガール〟の異名を持つ発明家の卵・丸川環、ホンモノの華族令嬢・見留...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

彩藤アザミ のこれもおすすめ