樹液少女

樹液少女

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

失踪した妹を捜す男が迷い込んだのは、磁器人形(ビスクドール)作家の奇妙な王国。雪に閉ざされた山荘に招かれた4人のコレクターの前で、無残な遺体が発見された。誰が何のために? 次の標的は? 鍵を握るトランプコードの秘密を知ってしまった者の運命は……。平成生まれの新鋭による新潮ミステリー大賞受賞後第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

樹液少女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年03月27日

    ビスクドールと、孤立した雪の山荘で起こる連続殺人事件。
    そうきたら、ベタな既存のミステリー?!なのかと油断しちゃいましたが、意外に本格的なミステリーで一気読みしてしまいました。
    私的にはこういったドンデン返し、キライじゃないです。

    この探偵役でまた読みたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月25日

    架神千夜に妹蓮華を奪い取られたのではと疑う森本は架神邸に忍び込もうと大雪の中アタックするが行き倒れになり,碧に助けられて邸に潜り込めた.千夜は高名な人形作家で如月会と称して親しい人を招いて会合を行っている.ちょうどその時期で邸に住み込んでいる山吹,桃,碧に加えて,四谷,大蔵,水戸,臼田,竹紀,それに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月03日

    第1回新潮ミステリー大賞受賞後第1作は、閉ざされた山荘もの系の新本格ミステリ。ただ、肝心のトリックには若干難があり説得力がありませんし、オチも予想できてしまい、少し底が浅い感じです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    ずっと気になっていてついに読みました。初めましての作家さんです。
    面白かったです。とても好きな舞台設定でした。
    ビスクドールはすごく惹かれるものですが、拐ってきた少女の骨で作る…というのはなんて狂気なのだろうと思いました。でも樹液少女、見てみたいです。
    登場人物たちの言葉遣いが最後まで気になってしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています