倒れるときは前のめり

倒れるときは前のめり

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『図書館戦争』『レインツリーの国』『植物図鑑』ほか映像化続々の人気作家・初のエッセイ集が文庫化。
日々の生きるつれづれ、創作の裏側、大好きな本や映画、敬愛する人びと、ふるさと高知のことなど、デビュー書籍刊行前から現在までに綴った90本超に、それぞれ振り返りのコメントを書き下ろし(単行本刊行時)。
現在入手困難な「ほっと文庫」に収録された短編「ゆず、香る」と、片想いがテーマの恋愛掌編「彼の本棚」の、小説2編も特別収録。
「文庫版のためのあとがき」を書き下ろし。当代一の人気作家のエッセンスがここに!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年09月21日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

倒れるときは前のめり のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    好きなことはしっかり口に出して好きと言おうって思いました。
    私、この本大好きです。浩さんの好きがたくさん詰まっていて、それをお裾分けしてもらったり、響く言葉がたくさん散らばっていたり。浩さんの本ができるきっかけとか、モデルになった人がいるだとか、そんなお話も読めてとても嬉しかった。特別収録小説ではも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    何度読んでも面白い。
    ワクワクドキドキ、うーんなるほど、えっそうなの?
    作品を読むときの"感じ"とエッセイを読むときの"感じ"にほとんど違いがないのが嬉しい。
    本屋さんで偶然手に取った「空の中」からずーっと大好きな作家さんのおひとりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    有川ひろのエッセイ。一貫した姿勢がカッコいいな、って思いながら読んでたら、最後の小説が胸キュンで、そのギャップにやられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    この人の作品には、とっても真っすぐで、前向きで、理想に燃えて青臭かったり、甘ちゃんだったり、不器用だけど、自分の心を守り、それより相手を思う心を大事にしたり、芯に熱があり、芯がいいキャラクターが多く登場し、物語は時に甘く、時にほろ苦く、でも希望を捨てず温かい気持ちにさせてくれるものが多い、と感じてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    有川さんの本が大好きで、有川さん初エッセイで前から気になっていて、本屋に行く機会があり、購入することができ読んだ。
    有川さんの本や映画などの娯楽に対する考えがひしひしと伝わってきた。紹介されていた、本や映画などにもとても興味が湧いた。東日本大地震に対する考え方や映像化に関する考え方は実際に体験してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月28日

    有川ひろさんの初のエッセイ集です。

    私は有川さんの本が好きとは言え、Twitterはやっていないので普段どんなことを考えていらっしやるかわからなかったのですが、今回のこの本を読んで、自分の意見をしっかり持っていらっしゃる方だなあと思いました。
    印象的なのは東日本大震災の時の考えや対応。震災を以前体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    有川浩のエッセイ集。
    東日本大震災の時の自粛ブームに対しての言葉が心に残ります。被災者のことを考えた上で、自身の経験も通した上で、日常生活を送ることの大切さを発信していました。
    思い起こせば、世論が同調圧力で動いているように感じたのは、この頃からだったのかなと思います。声を我先に上げたもの勝ちの感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    有川ひろさんの初エッセイ。

    どんな事を考えてる人なのかが分かるエッセイでした。
    自分の作品についてあーだこーだ色々言われながら自分の考えを固めてきたんだな、と思いました。
    我が強いのかな?と思ってしまいそうだけど、ネットなどの意見を浴びなくてはいけない立場であれば、これくらい強く自分の意思を持たな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    なんだかんだと有川さんのことは嫌いになれない。白か黒か。有川さんは骨の髄まで有川ひろで、口は悪いし、けんかっぱやいし、でも、誰よりもエンターテイナーでありたいと願い、そうである努力をしていると思われる。決して粋ではないが、泥臭くて人間臭い。災害時における「経済を回す」云々は当事者(阪神淡路大地震の被...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    すきなことはすきと言おう
    すきなことはとことんすきでいよう
    とこの本を読んで改めて思いました。

    有川浩さんの本がすきです!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています