今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私

今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

突然終わった結婚生活。バツイチか──と嘆く余裕もない私。職務経験もろくにないが、家事だけは好きだった。
そんな私に住み込み家政婦の仕事が舞い込む。相手は高名な小説家。そして整った顔立ちとは裏腹に、ものすごく気難しい人だった。行き場のない私と、ふれ合いを拒む小説家。最初はぎこちなかった関係も、家事が魔法のように変えていく。彼と心を通わせて行くうちに、いつしか──。
なにげない毎日が奇跡になる物語──本を閉じた後、爽やかな風を感じてください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2019年09月25日
紙の本の発売
2019年09月
サイズ(目安)
3MB

今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

     成田名璃子「今日は心のおそうじ日和」、素直じゃない小説家と自信がない私、2019.9発行。面白かったです。テーマは「掃除」。ゴミ屋敷化している屋敷の(有名な)小説家、山丘周三郎(娘を事故で、妻を病気で亡くし独り身)とその家政婦になったバツイチのシングルマザー、平沢涼子の物語。涼子の娘、美空(みく)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月06日

    家へ出戻るが、そこでも兄嫁にノースキルのお荷物扱いされ身の置き場が無かった。そんな涼子に、住込の家政婦の仕事を紹介されて…

     とにかく涼子の元旦那が酷すぎる。ある意味モラハラ洗脳で、涼子の専業主婦を馬鹿にしすぎるのに閉口気味でした。卑下してるけど、あそこまで家事スキルがあれば家事代行サービスで働け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日


    物語はほのぼのと進んでいく感じ。
    自信のなさすぎる主人公に
    少しイライラしました。
    だけど周りの人がいい味をだしているので
    緩和されます。
    物語自体は大きな展開はみせないものの
    言葉の選び方や文章が綺麗で
    特に季節や天気の表現の仕方が美しく
    読んでいて楽しかったです。
    好きな作家さんになりました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    家事なんて。と言われ続けて、自分に自信を持てなくなってしまった涼子。気難しい先生や、しっかりものの美空と一緒に居るうちに、少しずつ変わっていくのが楽しい。「家事=誰でもできる」と思われることが多いけれど、涼子ほど家事のスキルが高くて、大好きな人はそうそういないだろう。涼子がそんな自分の「スキル」を、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    いろいろ無くした主人公が、自分を取り戻していく物語。生きることは思い通りに行かない事だらけだけど、新たな出会いがまた新しい道を開くことになるのだと思いながら読みました。今、無性に掃除がしたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    夫はキャリアウーマンと浮気して本気に。離婚を切り出された主人公・涼子は自分を「ただの主婦」としか思えないままシングルマザーに。実家の両親は快く迎え入れてくれるけれど、バリバリ働く義姉にとっては「何もできない」出戻りの小姑。そんな涼子を心配する両親が持ってきた仕事は、男やもめの作家宅、住み込みの家政婦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月18日

    終わり良ければすべて良し,家事も極めると立派なスキル.
    小説家の先生と家政婦とその後にまた違った展開があるのではと期待してしまう最後です.ほっこり温かい気持ちになれました.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月18日

    マイナス状態からの立ち直りの物語。主に家事をもくもくとこなすことで心を整える。そんなお話。一見地味なお話だけど、読むと不思議にすっきりする。
    家事って形として資格とかがあるわけじゃないけど、ちゃんと家事をこなせる人はすごいよね。立派なスキルです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    今、このタイミングに、あえて、この主人公。ある意味時代の先をいってる。色んな生き方が、選択があって良いんだよね、と励まされた気分。優しい物語です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月16日

    卑屈だった主人公が家事が得意なことは素晴らしい才能だと気がついて強く生きていく。小説家もまた前に進み始める。面白かった。家事が得意っていいよなぁ。羨ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

今日は心のおそうじ日和 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私
    突然終わった結婚生活。バツイチか──と嘆く余裕もない私。職務経験もろくにないが、家事だけは好きだった。 そんな私に住み込み家政婦の仕事が舞い込む。相手は高名な小説家。そして整った顔立ちとは裏腹に、ものすごく気難しい人だった。行き場のない私と、ふれ合いを拒む小説家。最初はぎこちなかった関係も、家事が魔法のように変えていく。彼と心を通わせて行くうちに、いつしか──。 なにげない毎日が奇跡になる物語──本を閉じた後、爽やかな風を感じてください。
  • 今日は心のおそうじ日和2 心を見せない小説家と自分がわからない私
    大作家の住み込み家政婦となった私。それは思いもしない安らかな日々を与えてくれた。けれどその生活は突然終わりを告げる。若い女性が弟子入り志願してきたのだ。 彼女はたちまち先生の心を掴んでしまう。居場所を失ったかのように感じる私には、見合い話が持ち込まれ……。 すれ違う想い。誰にとって何が幸せか。こんがらがる、それぞれの想いの結末は? 心が淀んだときは家事をしよう──それは自分を変える魔法の時間。なにげない毎日が奇跡になる物語、再び。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています