春のいそぎ

春のいそぎ

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和20年、終戦の日に父が自決。それは6歳の数馬(かずま)に大きな傷を与えた。成人しても信ずるものは、屏風に張る金箔の美のみ。だが、傷を負ったのは、数馬だけではなかった。姉・篤子、保江もそれぞれ不倫関係を重ね、不毛な愛に溺れてゆく。鎌倉を舞台に、滅びというテーマを、愛憎を通して描いた不朽の名作。美しくも哀しくもある純愛のかたち!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

春のいそぎ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月19日

    84年前、1926年1月6日韓国生まれの小説家。1980年にこれからというのに志半ばで食道癌で死去。享年54歳。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私が読んだのは妹の本棚にあった古い頃の春のいそぎでした。
    最近新装版で刊行されたようですね
    二人の姉妹と弟の恋愛を描いた名作が復刻!終戦の翌日に自決した父。心に傷を負った篤子、保江姉妹と、その弟・数馬は成人した後、それぞれが恋愛に悩みを抱えるようになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月10日

    父親が自決したことで心に傷を負った姉2人と弟が、
    それぞれ大人になってからの不毛な恋愛関係に悩み溺れてゆく話。
    内容自体はドロドロ感満載のようでいて、
    主人公の数馬の立ち居振る舞いが思いの外サラッとドライな感じなので、
    愛憎劇と言うにはちょっと拍子抜け。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月19日

    三人兄弟それぞれが厄介な恋愛関係を持っており、最後は深みにはまって底まで落ちるのかなと思ったけど、そうはならなさそうだ。末の弟が快活な性格で飄々とした感じがなかなか気持ちが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています