どうかこの声が、あなたに届きますように

どうかこの声が、あなたに届きますように

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

地下アイドル時代、心身に深い傷を負い、鎌倉の祖母のもとでひっそりと生活を送っていた20歳の小松奈々子。そこに突然現れたラジオ局のディレクター黒木から、番組アシスタントにスカウトされる。
初日の生放送は、後に「伝説の十秒回」と呼ばれる神回となり、かつてラジオ界で絶大な人気を誇ったパーソナリティの片鱗を感じさせるものだった……!?

大食いのアナウンサー、演じるキャラに疲れている女性芸人、売れっ子のオネェタレント…。様々な仲間に囲まれ、時に黒木と罵り合いながら、奈々子はラジオの世界に向き合っていく。それは自身の傷や、過去とも対峙しなければならなかったが、奈々子が生き直そうと決めた「小松夏海」の存在は、次第に黒木たちをも巻き込んで、確かなムーブメントとなっていく。そしてその言葉は、子どものできない夫婦や、大人になることの意味を考える高校生など、切実な日々を生きるリスナーたちの、ほんのわずかな未来を動かし始めていた。

「いいか小松、ラジオにはテレビやネット動画と違って映像がない。
映像という明確なものがない分、リスナーはそれを補って想像する。
そうして頭の中で想像されたものは、誰にも否定されないし奪えない。

だから想像させろ。

リスナーに、姿の見えないお前を想像させるんだ」(本文より引用)

ラジオの魅力と、傷を抱えた人々が織り成す、あたたかな小気味よさあふれる物語。

150万部を突破した『神様の御用人』著者、浅葉なつの書き下ろし長編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2019年09月03日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

どうかこの声が、あなたに届きますように のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月07日

    元地下アイドルの小松奈々子が小松夏海となり、ラジオパーソナリティを務める物語。
    笑いあり涙ありの連作短編。主人公以外の登場人物の物語も全て繋がっていてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    元アイドルの「小松奈々子」があるきっかけで、ラジオ番組のアシスタント「小松夏海」として再活動。
    自身、制作者、リスナー、そこに関わる様々な人達を描いたヒューマンストーリー。
    ラジオという媒体から元気付けられるリスナー。そしてパーソナリティ自身。ラジオという業界に志を持って携わる人達。それぞれが温かか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    ラジオは声しかない。

    それは一見情報量が少ないように思えるが、
    映像がない分声に乗せる想いが届きやすい

    リスナーは独りで孤独なのかもしれない
    自分という存在を認めて欲しくてラジオに耳を傾けているかもしれない。

    また独り言のような日常の些細な出来事をも掬い上げて、共感して欲しいかもしれない

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    悩みを抱える主人公

    それを支える人々

    そして

    そんな関係から作り上げられた番組に支えられる人々…

    クリエイティブな仕事は素晴らしいなと思う

    そして そこにも常に「出逢い」がある

    何度も何度も読み返したくなる一冊でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    泣いたー。
    もうね、電車で読んでたのでヤバイヤバイ。
    これは良い話だなあ。めっちゃ好き。

    全体としては一人の女性の再生の物語なんだけど、ラジオと言う媒体の特性を生かして伝えること、伝えられる言葉、の力が見事に描かれていて時に楽しく、時に胸熱で、とても素敵だった。

    夏海と言うキャラの成長を丁寧に追...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月05日

    久しぶりにラジオを聴きたくなった。

    他の小説と比べ、登場人物の人柄が想像しやすかった。
    (音声しかないラジオを題材にしているからか?)

    後半の展開も含め、非常に面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    星1000個つけたい!!!!!出会う人皆に「これ良いよ」って配ってまわりたい!!!疲れてる人、ワクワクしたい人、癒されたい人、青春物語を求めてる人、泣いてスッキリしたい人、全ての人にすすめたい!!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    映像がないラジオの魅力を存分に伝えてくれる作品。現実味があって、ホントに小松夏海が存在するようだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月20日

    どの話もぐっとくる、けど最後はもうたまらなかった…!喉が締め付けられて涙が浮かんでしまった…。
    めげる落ち込む逃げたくなるときもあるけれど、歯を食いしばってパワーを撒き散らすような夏海がとても好き。
    ラジオって、生活の中にふっと混ざってきて、溶け合う、知り合いでも友人でもない、他人との出会いなのかも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ラジカセを知らない世代

    akaneko55 2019年09月20日

    この本を読了したとき、古いラジオを取り出して聴いてみたいと思いました。ラジオ番組の制作側と、リスナー側の物語が、作者の優しい語り口で語られます。 そして、かなり高い確率で、泣けます。泣きたいほど、面白い本です。おススメします。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています