やわらかく、考える。

やわらかく、考える。

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

せわしなく、あらゆる変化の激しい現代。前例のない発想やアイデアが必要と言われて久しいが、実際に自分の頭で考えようとすればするほど、考えは凝り固まってしまうもの。大ベストセラー『思考の整理学』著者の外山滋比古氏は、「急に頭をよくすることはできなくても、頭にうまくはたらいてもらうコンディションづくりならできない話ではない」と言う。そんな外山氏のこれまでの著作の中から、「柔軟にものごとを見るヒント」となるような箇所を抜粋し、まとめた箴言集が本書である。 ●知れば知るほどバカになる ●ゆっくり急ぐ ●雑談は発見のタネ ●木を見て森も見る……etc. 読めば、世間の常識にとらわれない「やわらかい思考」のコツが身につく、150の至言。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
184ページ
電子版発売日
2019年08月16日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

やわらかく、考える。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

     世の中に今一番足りない事

     人の話は最後まで聞く

     引用します
     言論を大切にするのだったら、相手の意見を、かりに考えを異にしても、じっと最後まで聞く度量が無くてはならない。
     自分の勝手なことだけをまくし立てて、相手の言うことははじめから聞く耳をもたない。
     こういう人間が集まっていては思想...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    外山滋比古さん。

    1ページ完了の言葉集。
    どこからでも読める。
    どこでも読める。
    楽しい。

    以下、自分に引っ掛かった言葉。

    ①だいたいにおいて、声をあげるのは、どちらかと
    いえば例外的な人たち。
    ☆声を上げている人を市民の代表の声のように
    とらえてはいけないんだなあ。これわかるわあ。

    ②遠く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月15日

    考え方や表現の仕方の極意が日本語の構造目線から短いセンテンスで書かれていて読みやすい。
    自分の現状によって、引っ掛ったり入ってくる内容が違うと思う。不定期に読み直すとそのタイミングで新しい気付きがありそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    2019.8.30
    なにかに迷ったり決められなかったり、考えあぐねたり。なにかしらのときに開くようになる予感がする本。
    ここに書いてあることもまた、そのときの自分の状態によって響いてくることが違うんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    やわらかく、考える 外山滋比古
    目的思考と自由思考
    文章を考える順序
    書いたあとは耳で読む
    人の話は最後まで聞く
    敬語というバンパー
    風のように本を読む
    自分の言葉で語ればいい

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています