拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高鳥千草の元夫、謙二から娘に亡き妻が憑いたと相談を受けた拝み屋の著者は、さっそく原因の解明に動き出す。その過程で拝み屋の深町と桔梗、占い師の小夜歌、そして霊能師の美琴と浅からぬ縁で繋がり、行動を共にすることになった。一方で、こちらも著者と因縁深い老姉妹の一団が、ある“神さま”を目覚めさせようと暗躍していた……。過去と現在の点と点が線になり、膨れに膨れ上がった災禍の核心に迫る、シリーズ最終巻!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2019年07月24日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    完璧なかたちで仕事を終えられるのか…後半は目が離せなかった。
    あの間取りが歪んだ家の中で追い詰められる恐怖、臨場感溢れる描写はなかなかのもの。
    ぐるぐる迷い手探りで出口を探す恐怖は想像しただけで心臓に悪い。

    読み終えた後、過去から今までの全てが集結した感じをしみじみと味わった。

    融合には予想外の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています