萌がさね 藤原道長室明子相聞

萌がさね 藤原道長室明子相聞

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「己が時を汚すことなく生きていきたい」……左大臣家に生まれながら、心ならずも政敵・藤原道長へ嫁いだ、美貌の女・明子(めいし)。優しく儚(はかな)げながら、凛乎(りんこ)たる心を持つ彼女こそ、権勢を恣(ほしいまま)にした道長が、愛を得ることに苦悩した唯一の女だった。正妻・倫子(りんし)とともに「二人妻」として記憶される、明子の生涯を綴る、絢爛たる歴史絵巻。道長を懊悩(おうのう)させた美貌の女!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2019年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

萌がさね 藤原道長室明子相聞 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年11月14日

    栄華を極めた藤原道長の系図を見た時、ふと気になってしまう女性。正室倫子に並び"ふたり妻"と呼ばれた道長の妻、源明子。あまり知られていない存在を、作者の自由な感性で主役として描きあげた、とっても読み応えのある小説でした。
    淡い初恋や男の片思いが切なく彩る、歴史恋愛小説ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています