夫婦幻想 ──子あり、子なし、子の成長後

夫婦幻想 ──子あり、子なし、子の成長後

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

夫婦関係は、今や精神的にも経済的にも不安やリスクを増大させるものへと変容してしまっている。にもかかわらず、人はパートナーを求め続ける。夫婦は実際にどう変わっているのか。かつての理想の夫婦像はすでに「幻想」なのか。いや、変わらない部分――夫婦の根源的な何かがあるのではないか。戦後家族モデル崩壊後の混沌状況における夫婦のあり方を、子どもを作るかどうかの選択、子の成長による変化などにも注目し、長期にわたる確かな取材をベースにその実態に迫っていく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

夫婦幻想 ──子あり、子なし、子の成長後 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    夫婦幻想。奥田祥子先生の著書。夫婦関係に限らず友人関係や全ての人間関係は他の誰かから強制されて続けるものではない。自分が快適で心地良いなら関係を続ければ良いし、自分が不快で嫌だと思うなら関係を続けなければ良いだけ。無理して続けても自分も相手も不幸になるだけ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    日経新聞で紹介されていたのをみて興味を持ち、読んでみた。
    夫婦関係云々だけでなく、これから就活、自分の生き方やキャリアを考える、という女子学生に是非読んで欲しいと思った。
    私自身、本書を読んだ現在は理系博士課程学生、修了後はバリバリ働きたい(という理想)、結婚願望はほどほどで結婚するなら子供は欲しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    各年代の夫婦/子供がいない夫婦/子供がいる夫婦/国際的な夫婦/などなど…本当に多様な夫婦のあり方を、服装や表情など細かい部分まで行き届く筆者の観察眼を通して分析し、体系化したものだということを踏まえると、
    夫婦の苦悩はもちろん、「多様性」を痛感した。
    その多様性を受け止め、夫婦の苦悩や葛藤を受け止め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    現代の夫婦のあり方に一石を投じる良書。
    自分達の親世代(高度成長期)には、「夫は仕事、妻は家庭」という分業が成立していたが、経済成長が頭打ちになった現在ではこのような分業が成り立たなくなっている。さらに時代は女性の社会進出を推し進めていため、夫婦の形も多様化してきている。
    本書では、それらの代表的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    力作。
    たゆまぬネットワーク構築の努力で多彩な取材対象に基づいている。
    紹介された夫婦は、社会的地位が高くてもかえってそれが仇となり、幸せになれない人が多い。向上心が高すぎるように感じた。もっと気楽に生きれないものか。
    現代は夫婦、家族として生きにくい時代らしい。裕福になったということらしい。選択の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    何組もの夫婦に、長期にわたって継続インタビューをしているのが興味深い。
    登場する夫婦はお互い深刻な時期を経ながらも、ほとんど離婚はしていないようだ。もっと離婚が一般化している世の中なのかと思っていたが、意外とみんな我慢しながら夫婦を続けているらしい。
    それにしても、女性活躍推進が、単に女性の負担増に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています