令和を生きるための昭和史入門

令和を生きるための昭和史入門

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

権力中枢を狙った2・26事件、無謀と言われたアメリカとの戦争、世界史に類を見ない高度経済成長……令和になった今だからこそ、昭和史を見直す意味がある。首相から皇族、軍部の指導者、いち兵士まで4000人以上に取材した第一人者が著した昭和史入門の決定版。

【常識を覆す昭和史の新しい読み方】

◎2・26事件で政治構造が変わった

◎無思想だった東條英機と軍幹部

◎対米開戦直後に生まれた「幻の世界分割計画」

◎真珠湾攻撃直後に株価は10%の急騰

◎戦後の歴代総理たちは8月15日に何をしていたか

◎昭和天皇が挑んだマッカーサーとの駆け引き

◎日本人の欲望の象徴だった田中角栄

◎「歴史修正主義者」の主張の背後にあるものは

※本書は、2007年に文春新書から刊行された『昭和史入門』の増補新版です。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年07月18日

     昭和史を様々な当事者の証言から振り返る。

     10年程前に出た本が元号が切り替わるタイミングで加筆して再出版。
     特に太平洋戦争以前を細かく振り返っているところと、歴代総理が終戦の時にどう感じていたかのまとめは今という時代だからこその価値を感じた。
     現在の右傾化した人々の言葉は決して目新しいもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月16日

    2007年に刊行された『昭和史入門』に、3つの章を追加した増補改訂版。63年におよんだ昭和という時代をいかに見つめるべきかを冷徹に説いており、著者:保阪正康の抱く「保阪史観」が如実に顕れた書……なので、いささか「入門」と銘打つには味が濃すぎるというか、カンタンに俯瞰的な知識を得たいというニーズにはそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています