ざんねんな歴史人物 それでも名を残す人々

ざんねんな歴史人物 それでも名を残す人々

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ベストセラー『ざんねんな偉人伝』の続編。もはや、「偉人」と言っていいのかわからない歴史人物たちの、強烈な「ざんねん」列伝。源頼朝、足利尊氏、伊藤博文、伊達政宗、アルキメデス、コロンブス、カエサル、ガンジーらが、満を持して登場。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
学研
掲載誌・レーベル
新しい伝記シリーズ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
118MB

ざんねんな歴史人物 それでも名を残す人々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月01日

    誰かに言いたい!とざんねんな〇〇シリーズにありがちな感想ですが、そう思いました。授業でこの裏話を交えれたら直ぐに覚えられそう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    歴史に名を残す人達でも、普通の人間と変わらず光と闇の部分があることに親近感が湧きます。面白く歴史の人物も学べて、すぐ読み終わりました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    歴史的には偉人として伝わっているが、現実には残虐だったり、変人だったり、とんでもなく残念な人物だったりする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています