新世界恋愛革命

新世界恋愛革命

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

刑事の真壁には心底嫌いな部下がいる。イギリス生まれのエルフォードだ。年齢=恋人いない歴という劣等感のせいで、あらゆることに恵まれた美貌の部下に嫉妬していた真壁だったが、成り行きでその男とゲイ友となり、「パンストをはいた理想の女装男を捜すのを手伝ってほしい」と頼まれてしまう。捜査とプライベートで顔を合わせるうち、真壁はエルフォードに惹かれてゆくが……? 年下変態紳士×ツンデレ眼鏡の恋!!

ジャンル
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
ディアプラス文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年06月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

関連タグ:

新世界恋愛革命 のユーザーレビュー

    購入済み

    美脚ストッキングフェチ!

    かむさび 2019年09月29日

    ストッキングをはいた脚の美しさについて延々と語る男。共に過ごすうちにどんどん深くなる病。こんな変態に惚れるなんて!今回の主人公は意外と乙女。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月13日

    アカデミック尻フェチ、チンチラオヤジと続いて、今度はパンストフェチ。
    鳥谷センセのエロの引き出しは無限∞でした!デビュー作からとばしまくっていたので、バリエーションが底を突いてしまうのでは?と危惧したのは、取り越し苦労でした。

    「新書館のエロ鉄人」と命名されていて、まさしくそのとおりと頷けます!デ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月02日

    ★4・5
    面白かった~!やっぱり鳥谷さんの書かれる変態攻め好き~(笑)変態要素はもちろん、せつなさも絶妙でゾクゾクする。今回のストッキングフェチっぷりはかなりなものだった(笑)プラス、女装まで入ってるし!女装好きじゃないけどこれは全然許せる不思議(笑)こんな変態王子にメロメロに愛されて真壁さんが幸せ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    パンストフェチというまさに新世界でした(笑)とんでもない変態ネタを扱ってるようでいて、内容は甘いラブストーリーです。パンストに拘る一見パーフェクトなハーフイケメン部下×ツンデレ眼鏡上司。受がツンツンしながらも健気にストッキングを試着する姿に萌えました(*≧艸≦) 鳥谷さん初読みでしたが面白かったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月15日

    攻めは一部の隙もない変態。受けはツンデレというよりちっこい犬がブルブル震えながら威嚇してる感じw 
    変態飼い主にか抱きかかえられて、なんだかよくわからないうちにエラく素晴らしい変態の扉をバーンと開けてしまった…という話。
    非常に面白くいただきました。大満足、げふっ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月22日

    私の鳥谷さん3冊目

    警官の上司と部下の話。

    いけ好かないと思っていた部下があることをきっかけにかっこよく見えてきて、でも彼は自分では無い”華奢なストッキングを穿く脚”に魅力を感じている変態で、、、。

    変態を書きたい作家さんなのね、結局は、、というのが私の感想です。
    警官が好きで刑事ものが書きた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月07日

    はじめから変態ではなかったのに、なるべくして二人で変態街道を進んでいくところが面白い!
    こんなにストッキングという言葉の出てくる本はないに違いない・・・。
    そしてなんて恋愛体質の二人なんでしょう。固い職業とのギャップに萌えます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月21日

    「恋色ミュージアム」を先に読んで鳥谷先生にぞっこんです。ヘンタイだってことはわかってたのですが恋色のインパクトが大きすぎたかな。こちらの方が評価が高いようだったので少しだけ肩すかしかもです。少し。
    恋色でも話の展開にあれ?と思うところがあって、それを乗り越えても好きだったのですが、こちらの作品の方は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

新世界恋愛革命 ページトップヘ