千歳くんはラムネ瓶のなか 5
  • NEW
  • 最新刊

千歳くんはラムネ瓶のなか 5

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

いつかきっと、この日々を思い出す。

夏休み。藤志高では恒例の、2・3年合同の勉強合宿。
と言っても、2年生の俺たちにとっては、仲間たちと夏のイベントを楽しむいい機会だ。

どこまでも青い空と海。色とりどりの女子の水着。夜、ふたりきりのナイショ話。男だけの温泉回(?)……。

眩しい光景を見つめながら、あるいは目をそらしながら。
俺たちは、こぼれ落ちそうな思い出を、ポケットいっぱいに詰め込んでいく。

――なにかが変わる夏が、賑やかに密やかに、幕を開けた。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2021年04月20日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
9MB

千歳くんはラムネ瓶のなか 5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    ネタバレ購入済み

    胸が苦しい…

    g1202 2021年04月21日

    新刊が出るたびに僕の感情を揺さぶってくる本作。
    作品としては1冊に1人のヒロインがフューチャーされ1人1人のエピソードで心が揺さぶられ読み終わった後の喪失感に苛まれできました。
    この5巻では満を持してメインヒロイン筆頭の夕湖のエピソードになります。
    他のヒロインの巻では基本的にヒロインメインの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

千歳くんはラムネ瓶のなか のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 千歳くんはラムネ瓶のなか
    主人公は、超絶リア充。 『五組の千歳朔はヤリチン糞野郎』 学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。 彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。 圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖。 努力型の後天的リア充・内田優空。 バスケ部エースの元気娘・青海陽……。 仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある...
  • 千歳くんはラムネ瓶のなか 2
    それは、ニセモノの恋の物語。 「千歳しかいないの。どうかお願いします。私と付き合ってください」 面と向かって女の子にこんなことを言われたら、大概悪い気はしないだろう。 それが、七瀬悠月のようなとびっきりの美少女ならなおさらだ。 でも、うまい話には大概裏がある。 美しい月の光が、ときに人を狂わせるように。 これは、そうして始まった、俺と七瀬悠月の偽りの恋の物語だ。 ――人気沸騰の...
  • 千歳くんはラムネ瓶のなか 3
    「君」にさよならを。 6月の進路相談会で顔を合わせて以来、俺と明日姉は学校でも会うようになった。 まるでデートのように出かけることも増え、俺は嬉しい反面……どこか切なさにも似た感情を抱えていた。 それがひどく身勝手なものだということも理解しながら。 明日姉は、東京にいく。物語を「編む」人になるために。 俺は、笑顔でこの人を送り出せるだろうか――。 大人気“リア充側”青春ラブコメ、第...
  • 千歳くんはラムネ瓶のなか 4
    あの夏の、忘れ物を拾いにいこう。 インハイ予選を終えた7月。陽はチームの新キャプテンになった。 仲間とぶつかり合いながら切磋琢磨し、ともに高みを目指す日々。その姿はやけに眩しく、俺の心を揺さぶった。 そんなとき、野球部のエース、江崎が現れる。 「朔……頼む、野球部に戻ってくれ。どうしても、お前の力が必要なんだ」 ――あの暑い夏の日。自分で止めた時計が、もう一度音を立てて動き出し...
  • 千歳くんはラムネ瓶のなか 5
    続巻入荷
    いつかきっと、この日々を思い出す。 夏休み。藤志高では恒例の、2・3年合同の勉強合宿。 と言っても、2年生の俺たちにとっては、仲間たちと夏のイベントを楽しむいい機会だ。 どこまでも青い空と海。色とりどりの女子の水着。夜、ふたりきりのナイショ話。男だけの温泉回(?)……。 眩しい光景を見つめながら、あるいは目をそらしながら。 俺たちは、こぼれ落ちそうな思い出を、ポケットいっぱいに...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

千歳くんはラムネ瓶のなか に関連する特集・キャンペーン