湖

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まだ、いけにえが足りないんだよ――湖から戻らなくなった祖父。そして少年ナミは母を探し旅立つ。気鋭のチェコ女性作家が描く現代の黙示録!マグネジア・リテラ賞、EU文学賞受賞。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年07月11日

    どこかロシアの辺境のような湖の村,湖が枯れていき荒廃していく人々と村,母親に捨てられた少年ナミは祖母を姨捨のように村人から湖に生贄として流され一人になってしまう.ナミの母を求めての遍歴と吹きすさぶ暴力の中で,それでも優しい人達はいてナミも成長していく.最後にまた村へ帰り到達したところで明かされた真実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月08日

    想像してたのと違った。英語圏でない幻想的でよくある感じかと。ある部分は幻想要素もあり、その存在感が他と違う。
    祖父母に育てられ、近くにある湖に二人ともからめとられ、天涯孤独となった少年。当然両親の足掛かりを見つけにゆく。その道は厳しい。過酷で悲惨。いいことは何もない。母親を見つけるが村全体で奴隷のよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    読み終わった後「ディストピア」と言われるという評価を読んでえぇーと思ったけど,落ち着いて考えるとやっぱりいろいろ背景にされているんだろうなと思う。静かな筆致も印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています