ラスト・コヨーテ(下)
  • 最新刊

ラスト・コヨーテ(下)

作者名 :
通常価格 576円 (524円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

30年以上前に起きた母親マージョリー・ロウ殺害の謎を追いかけるボッシュ。単独捜査の過程で彼は一人の女性と出会う。彼女の名はジャスミン。毎日絵を描いて過ごしているというのだが、ボッシュは彼女の自画像の奥に色濃く残る暗闇の影に、自分と同質のものを感じ取り、二人は愛し合う。やがて、事件の黒幕に潜むのは元地区検事局長で今は引退の身であるアーノウ・コンクリンであると確信したボッシュは、直接彼と対峙することに。
90年台ハードボイルド界の頂点に立つコナリーが放つシリーズ最高傑作!

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKSミステリー
ページ数
326ページ
電子版発売日
2019年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ラスト・コヨーテ(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    ターニングポイントとなるハリー・ボッシュシリーズ第4弾。主人公はハリウッド署殺人課に所属する一刑事に過ぎないが、コナリーは群れること嫌う「一匹狼」的な存在として描いてきた。
    本作は、第1作から伏線としてあったボッシュの母親の死の真相を追い求める物語で、これまで以上の私闘を繰り広げている。上司への暴力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月24日

    十二分に面白いが、最後のちょっとばかし現実離れした展開がなければ、シリーズ屈指の大傑作になっていたであろう点が、どうにも悔やまれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ロサンジェルスを舞台にしたハードボイルド小説。一匹狼のボッシュの持つ体制の歯向かう強さ・優しさ・信念・・・魅力です。中盤からの話の展開にのめり込み、一気に読んでしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    (上から続く)
    それにしても、相変わらず女にもてすぎ。
    そのもてる理由は、
    ただ単にハードボイルドだから、ということではなく、
    主人公が孤独に生きてきたという割には、
    女性に対してナイーブなところがあるからだ、という作者の設定がある気がしてきた。
    だんだん、洗脳されてきたのか。

    そして、
    今回の話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月28日

    パウンズとの軋轢 人違い 停職 精神分析 セッション マージョリー・ロウ殺し 追及 過去との遭遇 母の友人 犯人 どんでん返し 最初からいたんだ

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月14日

    第1作目のナイトホークスから順に読み返してきたからこそ、存分に本作を堪能できたと感じた。

    下巻に入ってからは終始驚かされっぱなしで、緊張感みなぎる圧巻の読み応えで、あまりのおもしろさに圧倒され、一気に読み終えてしまった。

    ボッシュがパウンズのバッチをこっそり持ち出したり、パウンズの名前を騙って情...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ラスト・コヨーテ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ラスト・コヨーテ(上)
    ロサンジェルスを襲った大地震は、ボッシュの生活にも多大な影響を与えた。住んでいた家は半壊し、恋人のシルヴィア・ムーアとも自然に別れてしまう。そんななか、ある事件の重要参考人の扱いをめぐるトラブルから、上司のパウンズ警部補につかみかかってしまったボッシュは強制休職処分を受ける。復職の条件である精神分析医とのカウンセリングを続ける彼は、ずっと心の片隅に残っていた自分の母親マージ...
  • ラスト・コヨーテ(下)
    30年以上前に起きた母親マージョリー・ロウ殺害の謎を追いかけるボッシュ。単独捜査の過程で彼は一人の女性と出会う。彼女の名はジャスミン。毎日絵を描いて過ごしているというのだが、ボッシュは彼女の自画像の奥に色濃く残る暗闇の影に、自分と同質のものを感じ取り、二人は愛し合う。やがて、事件の黒幕に潜むのは元地区検事局長で今は引退の身であるアーノウ・コンクリンであると確信したボッシュは、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています