SARU 下
  • 完結
  • 最新刊

SARU 下

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 754円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界の終わりを救うのは…誰だ?

現代に甦った征服者フランシスコ・ピサロの暗躍により、ナムギャルや奈々たちの必死の抵抗にもかかわらず、フランス・アングレームの地中深くに眠っていた“大猿”は覚醒の時を迎えつつあった。 
欧州各国はすぐさま陸・海・空軍を配備、未曾有の武力をもって“大猿”=SARUの侵略を防ごうと試みるが…。
一方、史上最強の魔法を操るとされるビエラ・カリのもとを訪れた奈々たち一行。
暴風そのものとなって世界中を異様なスピードで蹂躙するSARUに対し、全人類の最後の望みをかけた魔法が今、空から降り注ぐ…! 
果たして人類の未来は?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
IKKI
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年05月30日
紙の本の発売
2010年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
87MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2016年07月14日

    壮大なスケールに比して巻数が……、
    というのは、いくら言っても詮無いこと。
    でも、もっともっと膨らませて言葉ではなく描写で説明すれば……と思う。

    同じ雰囲気をもつ『魔女』所収「ペトラ・ゲニタリクス」にも負けず劣らずのおもしろさ。
    大満足です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月11日

    これ、凄いなぁ。
    先に伊坂幸太郎の『SOSの猿』を読んだから、尚更。
    「この人はあの人だ、こっちはあの話と繋がってる!」って驚くところがいっぱい。
    全然違う作者が同じモチーフで書いて、全然別の作品なのにこんなにちゃんとリンクしているのって、読み終わって感動してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月23日

    世界中を巻き込んで起こる異変。

    善と悪、正と邪。

    本当の悪とは?善とは何か。

    邪なるものは悪なのか。

    聖なるものは善なのか。

    壮大な物語でありながら2巻にまとめ上げられている構成力、画力がすばらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月18日

    たいへん面白かった。古今東西の要素が入り乱れて紡がれる物語が圧巻。薀蓄のレベルも高い。また、奈々のオチもまったく予想できなかったもので、物語としてきれいに締められている。この作家の作品は初めて読んだのだけど、省力の仕方がとても巧みなかただと思った。ほかの作品も読んでみたい。
    「地図屋は儲かるだろうけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月17日

    孫悟空・・・?
    様々な伝承のなかのSARU
    そのSARUと人類との闘い
    いえ、SARUとSARU+人類との闘い
    SARUはすぐそこにいるかもしれない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月01日

    ちょっと展開が魔女的だなぁとも思うが。しかし,今時の他の漫画と較べりゃあ良いのさ。

    うーん,五十嵐さん好きだな。
    伊坂さんので感じた不気味さをよりはっきりとさせた感じかな。

    たぶんそういうのは伊坂さんより圧倒的に五十嵐さんのほうがうまいと思う。伊坂ファンだけども。
    きっと伊坂さんが色々悩んでる中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    五十嵐大介最高傑作にして、金字塔!宇宙規模のスケール感と、優しく緻密な描写が共存する怪作。オカルトと呪術と民族紛争とすべてがごっちゃ。めちゃくちゃ面白かった。『魔女』はここに完結した、と思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月17日

    超常現象を人間に止める力はない。
    それでもどうにかしたいと、力や知識を求めて人間は足掻くんだと思う。

    こういう、人間にはどうしようもない現象に対して、
    抗おうとする人たちの物語が大好きで、伊坂幸太郎の「SOSの猿」を読んだ時から、いつかこの漫画も読みたいと思っていて、ようやく読めました。

    「SO...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月18日

    よく練られた面白い設定なだけに、サラサラと進みすぎててもったいない。もうちょっと抑揚や深みがほしいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    「SOSの猿」とは話のスケールは違えど因果関係のお話。両方読むべきだね。物事の結果には原因がある。どんな結果になろうとも自分の心に正直に生きることが大事で、どんな些細なことが自分を世界を変えるかわかんないよってことかなぁ。とでも素敵だ。

    このレビューは参考になりましたか?

SARU のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • SARU 上
    完結
    660円(税込)
    ●主な登場人物/奈々(フランス留学中の日本人学生。自分でも気付かぬうちに黒魔術にかけられていた)、ナワン・ナムギャル(プータン出身の僧侶で、伝統ダンスの名人。奈々が黒魔術にかけられていることを一目で見抜く)、イレーヌ・ベアール(自らを孫悟空と名乗る謎の少女。キリスト教会より“悪魔”の可能性があると認定される)、カンディド・アマンティーニ(バチカンの公式エクソシスト)  ●あらすじ...
  • SARU 下
    完結
    715円(税込)
    世界の終わりを救うのは…誰だ? 現代に甦った征服者フランシスコ・ピサロの暗躍により、ナムギャルや奈々たちの必死の抵抗にもかかわらず、フランス・アングレームの地中深くに眠っていた“大猿”は覚醒の時を迎えつつあった。  欧州各国はすぐさま陸・海・空軍を配備、未曾有の武力をもって“大猿”=SARUの侵略を防ごうと試みるが…。 一方、史上最強の魔法を操るとされるビエラ・カリのもとを訪れた奈々た...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています