リトル・フォレスト(1)
  • 完結

リトル・フォレスト(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。都会から生まれ故郷の小森に戻り、農業を営むいち子。四季折々の収穫に舌鼓を打ちながら、彼女は自分の生き方を模索する――。当世きっての漫画家が描く、本物のネイチャー・ライフ。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
2004年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
62MB
  • 映画化

    「リトル・フォレスト 春夏秋冬」

    2019年5月17日公開
    出演:キム・テリ、リュ・ジュンヨル、チン・ギジュ

リトル・フォレスト(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    映画のほうを先に観ていました

    noritoshi.ogaki 2017年03月08日

    映画の原作で、かつ期間限定無料ということで読んでみました。映画とほぼ同じストーリーではありますが、思ったよりラフな絵で。ま、しかし、そのほうが想像力をかきたてるのかもしれません。手書きの字も少々読み難いと感じます。映画を観た時は、主人公が作った料理を再現したくなりましたが、原作では、それほど、そそら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月20日

    里山暮らしへの憧れが刺激されることでしょう。役立つレシピもいろいろ。胡桃の割り方は間違ってるので教えてあげたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月24日

    小さな村で自給自足の生活を送る女の子の話。生活はこの場合、ほとんどが「食べる」ためにある。畑を耕し、種を撒き、収穫し、また次の収穫に備えて種を撒く。蓄える。料理する。食を軸に生活があり、食が人間と自然をつなぐ。体を動かして日々の糧を得る。
    ロハスとかスローライフ・・・って言いたくないな~。都会目線の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月13日

    東北地方のどこか。
    のどかな田園にかこまれた小さな集落、小森。

    ここで生まれ育った「いち子」は、都会の生活に疲れ、村に戻ってきた。

    食べるものは、自分の手で耕し、育て、収穫し、手間ひまかけて料理して、ようやく口に運ぶことができる。
    生きることは食べること。簡単にはいかない。

    季節の恵みを味わい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月01日

    生きることは、食べること。
    暮らすことは、まわりの環境とともにあること。
    自分の手の届く範囲で生活することの大切さを思い出させてくれる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月20日

    レビュー 東北のとってもとっても田舎の村で、楽しそうに自給自足をする少女のお話。

    もうほんと奥深い田舎の話で、もしかしたら都会の人は想像がしにくいかもしれない。
    でも、無い物は作って工夫して生活していく生活は、元々人間の原点なんだよなぁ。

    つーかお腹すきますよ。この本読んでたら!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月16日

    これは何回も読んでます。とくにお腹の空いたときに。
    卵を油で揚げるときの擬音が、「じーくじくじく」なのがとても印象的です。健康で、ご飯をおいしく食べられる事がどれだけ幸せなのかに気づきます。
    それだけに、最後の終わり方が残念な感じ。なにもそこまで、急いで地に足つけなくても、と思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読んですぐに2巻も注文した。雪かきを手伝うからカレーを一緒に食べよう、というのがなんだかいい。これを読んで、初めてスグリのジャムを作ってみた。秋には栗の渋皮煮に挑戦したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    東北地方の小森という集落を舞台に、都会から逃げ戻ってきたいち子の自足自給の日々をゆるやかに綴ったスローライフ物語。
    ここに描かれている日々は、おそらく著者自身の体験によるものなんだろうと思います。
    所々にはさまれる写真や料理のレシピ、作物とのふれあいから農作業に使われる道具の1つ1つにまで、著者がこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月08日

    自分がいつか暮らしたい姿をここに見た!
    …っていうのは大げさですが(笑)。
    季節の恵みを無駄にせずにいただくことの大切さ。そして大変さ。
    自分が田舎に暮らしているから身近に感じるのかもしれないけどね。
    繰り返し気づくと読み返してます。

    ところでフキノトウのミソ炒め(ばっけみそ)作ってみたけど、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

リトル・フォレスト のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • リトル・フォレスト(1)
    完結
    スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。都会から生まれ故郷の小森に戻り、農業を営むいち子。四季折々の収穫に舌鼓を打ちながら、彼女は自分の生き方を模索する――。当世きっての漫画家が描く、本物のネイチャー・ライフ。
  • リトル・フォレスト(2)
    完結
    小さな山村・小森でのひとり暮らし。自分でつくって、自分で食べる。本当の“スローライフ”がここにある! 月刊アフタヌーンにて連載された“読んで美味しい”話題作! 充実の完結第2巻!! ●カラー原稿をすべてカラーで再現 ●30ページを超える書き下ろしイラストコラムつき。作者自身の撮影による写真も大量に掲載 ●現在入手困難な『茄子 アンダルシアの夏 アニメ&漫画コラボBOOK』に掲載された読み...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

リトル・フォレスト に関連する特集・キャンペーン