ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ

作者名 :
通常価格 1,287円 (1,170円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

■Twitterで大人気!
1948年創業の「ミドリ薬品 漢方堂」三代目、櫻井先生による、健康になる暮らしのヒントが1冊になりました!
■365日の養生中医学の理論に基づく食事のとり方やかんたん薬膳、気になる症状の対処法、季節に合わせた養生、心をいたわるコツなどを、1日1テーマ、やさしい文章とシンプルなイラストで紹介します。
■気になる症状から引ける索引つき
巻末には「悩み・知りたいこと別索引」付き。「肩こり」「便秘」「カゼ」など、気になる症状から対策を探せます。

【主な内容】
こんなお悩み・疑問に漢方で応えます
ストレス
血圧・血流
肩こり・腰痛
頭痛
インフルエンザ
花粉症
乾燥・かゆみ
ダイエット
生理不順・PMS
妊娠
更年期 etc.

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
ナツメ社
ページ数
384ページ
電子版発売日
2019年12月20日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
154MB

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月04日

    体とこころをいたわるヒントが一日1つずつ紹介されています。
    毎日1つずつ読んでもいいし関連付けていくつか読むこともあります。
    最後のページには養生別の索引もあるので読みたい項目を選んで読むことも出来るので手元に置いて季節ごとに漢方を日常に取り入れたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日


    対処療法じゃなくて、そもそもあなた、ここがもろいのよ( ; ; )ってところにアプローチしてくれるところが頼れます。

    かれこれ17年くらい、同じドクターのお世話になってます。

    アレルギーだろうと、味覚障害だろうと、単なる風邪でもまず、M先生のところへ。

    うっすら理解していても、ちゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月25日

    漢方薬についての本かと思いましたが違いました。中医学に基づいて365日分の暮らしかた指南が記されています。季節によって注意することなどが細かく書いてあり、まいにち開いて確認したくなる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    今年一年かけてコツコツ読みます。
    Twitterで気になった櫻井さんの本。
    最近漢方、中医学が気になる。

    これ、面白いな〜。
    絵や装丁も素敵だし読みやすい。
    無理なく、季節に合わせて身体を整えていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    最近漢方に興味が湧き出してたところ、この書籍を発見。専門用語はほぼ無く、どちらかといえば日々の生活で心がけることを日めくりカレンダーのように書いてくれています。
    「漢方」というのは「薬」ではなく、日々の生活を気をつけることの延長にあるものなんだなと思わせてくれる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    通読すると、繰り返しの多さが気になりますが、
    ゆるーく、ぱらぱらめくるにはとてもよいのかな、
    と感じる構成です。

    ゆるさがあるから、取り入れやすいし、何かできることが見つかりやすい。

    養生、という考え方もいいなと思いました。
    これからの一年も、養生しながら、大きく崩れることなく過ごしていければと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています