本当は大切なのに誰も教えてくれないVUCA時代の仕事のキホン

本当は大切なのに誰も教えてくれないVUCA時代の仕事のキホン

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

著作シリーズ累計140万部超! あなたの働き方をアップデートする50のコツ 現代社会は、「VUCA」(ブーカ)と呼ばれる環境に置かれている。VUCAとは、●「Volatility」(変動性) ●「Uncertainty」(不確実性) ●「Complexity」(複雑性) ●「Ambiguity」(曖昧性)の頭文字を取った言葉で、「あらゆるものを取り巻く環境が複雑性を増し、将来の予測が困難な状態」を指す言葉だ。このVUCA時代、多くのビジネスパーソンは、自ら変化を放棄するか、あるいは、変化に過剰に反応してしまうか、どちらかのパターンに陥り、いずれも現実的な対処を放棄してしまっている。しかし、日本IBMで働く一方で、シリーズ140万部超のベストセラー『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』の著者でもある河野英太郎氏は、「VUCAの時代には、VUCAに即した『新たな仕事のキホン』が必要だ」という。しかもそれらは、明日からすぐに使えるちょっとしたコツにもかかわらず、これからの時代を生き抜く視点や習慣が、自然と身につくものばかり。だが、その事実に気づいているビジネスパーソンは、あまりにも少ない。今こそ、本書を手に取り、「VUCA時代の仕事のキホン」を身につけて、10年、20年先でも古びない「仕事の武器」を手に入れよう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年04月12日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

本当は大切なのに誰も教えてくれないVUCA時代の仕事のキホン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    こういった基本に関する本は、どこかで見たようなことがあることも多いと感じることもあるが、タイトル通り、いかにスピード感を持ってしなやかに目的を達成していくか、その働き方について述べられている。
    1時間ちょっとで読めて、すぐに実行できることも多く、おススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    この変化の激しいVUCAの時代に、基本を確実に実行することの連続が、イノベーションの源泉となる
    相手に信頼されるためには、すぐやること、自分のためではなく、相手のために行動すること

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    ゆくゆくはAIに取って代わられるであろう事務的な仕事をしている自分がVUCA時代をどう乗り越えていけば良いのかが知りたく、本屋で直感的に選んだ1冊。
    わかりやすい、実践的、ポジティブ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月04日

    実践していることが多くあっても
    それを誰かに教えたり、説明するのは理由や効果をうまく伝えられなくて難しかった。
    職場の若手や後輩に、この本を送りたい。
    著者の会社のスローガン
    Building Bridges to the Better…のように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月15日

    VUCAの時代に、大企業にいる従業員的に、どう仕事を変えていくかという感じのことが、書かれている。

    限られた時間で成果を出す・・ECRSの視点で何を削減するか、みたいな内容

    答えのない問いに答えを出す・・Agileの中で、直観やデータを活用する、みたいな内容

    多様なメンバーをまとめる・・これは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月06日

    変化のスピードが速く、そして変化の多い時代において、
    リーダーとしてどのようにして物事に取り組んでいくか、
    見切り発車しつつ、ゴールに近づくにはどうすれば?
    といったことを書いている本。

    臨機応変に上手くやっていくのが大切なのはそうだが、
    とはいえ簡単ではないので、実践を積むのが結局は
    大事なのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    Q:この本はどんな本?
    #仕事のキホンとなる小さな工夫(イノベーション)が書かれている

    R:読んだ感想は
    この手の本をいろいろ読んでいるため、本書で述べられている「仕事術」自体に目新しいことはなかった。ただ冒頭に出てくる「イノベーションとは工夫」という考え方は印象に残っている。
    今回重点的に読んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています