DEAR BOYS ACT4(1)

DEAR BOYS ACT4(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 495円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

神奈川県ナンバーワンと名高い名門・湘南大相模高校バスケットボール部。インターハイ神奈川県予選・決勝リーグを勝ち進むも、本戦3回戦で宿敵・瑞穂高校に敗れてしまう。時は流れ、3年生になったエース・布施歩は新たなチーム作りに向け、動きだそうとしていた。現れた2人の1年生がもたらすものは、チームの"変革"か? 湘南大相模バスケ部の全国に向けた挑戦が始まる!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
電子版発売日
2019年03月15日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
65MB

新刊オート購入

DEAR BOYS ACT4(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    続編って

    レイ 2020年03月22日

    続編ってだけで面白くないのでは?と思ってたら、そんなの関係なく面白いです。特に面白い理由は高校バスケの悩み・苦悩が描かれています。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    バスケマニア

    (匿名) 2020年05月06日

    遂にACT4まできました!
    いろんな物語がいろんな巻に散りばめられていておもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    まさかのact4。出ると思ってなかったし、かつ今回は瑞穂が舞台でもないし、ってことで、読む前から期待値は薄。自分的に更に悪いことには、もともと布施センセがいまひとつ好きじゃない。これはちょっと、買い続けるかどうかが微妙かも。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なんだ

    新渡戸哲也 2020年05月21日

    絵柄がすごく変わりました。
    だから何ってこたないですけど

    なんかいまいち売れない作品だったなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    バスケ

    2020年05月09日

    ACT3までが、最高でした

    ACT4に、期待です

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    chocolate 2020年03月17日

    初めて読んだシリーズですが、なんだか少し読みづらい。絵柄のせいかな。話は今後面白くなっていきそうな雰囲気はあるので次巻に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    まさかまさかのACT4。今度の主人公チームは湘南大相模。
    布施たちが3年になっての物語。PGのケガでふってわいたポジション争いから、ACTは始まります。
    思えば、最初に出てきたときはニヒルな感じのいやーな連中だったんだけどなぁ。いつから人気出たのだろうか?湘南大相模。

    続きが読めると思えば嬉しいけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

DEAR BOYS ACT4 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • DEAR BOYS ACT4(1)
    神奈川県ナンバーワンと名高い名門・湘南大相模高校バスケットボール部。インターハイ神奈川県予選・決勝リーグを勝ち進むも、本戦3回戦で宿敵・瑞穂高校に敗れてしまう。時は流れ、3年生になったエース・布施歩は新たなチーム作りに向け、動きだそうとしていた。現れた2人の1年生がもたらすものは、チームの"変革"か? 湘南大相模バスケ部の全国に向けた挑戦が始まる!!
  • DEAR BOYS ACT4(2)
    エース・布施歩を中心に再び全国へと動き出した神奈川の名門・湘南大相模高校バスケ部。試合中に起きた3年・柳本の怪我により、PG(ポイントガード)のレギュラー争いが始まった。『PG選抜試験』を勝ち抜くため、早朝の特訓を始めた1年・柏木、森、多岐川。一方、布施と柳本の前に現れた記者・奥村が語るのは「天才・哀川和彦の再来」と呼ばれた人物。湘南大相模に“新たな壁”が立ち塞がる!!
  • DEAR BOYS ACT4(3)
    エース・布施歩を中心に再び全国へと動き出した神奈川の名門・湘南大相模高校バスケ部。試合中に起きた3年・柳本の怪我により始めた『PG(ポイントガード)選抜試験』は、5分間の3対3による4チーム総当たりで、レギュラーを決めることに。試合は互いに2勝した青山(2年)・柏木(1年)チームの最終戦まで、もつれこむ。堅守の青山チームに対し、3点先制した柏木チームだったが、森のファールで...
  • DEAR BOYS ACT4(4)
    インターハイ予選に向けて、布施率いるレギュラーAチームと柏木、森たちレギュラー候補Bチームによる練習試合が始まった。圧倒的な力の差を見せつけられ、落ち込む森を公園へと連れ出した多岐川。そこで偶然出会ったのは、“哀川和彦の再来”と呼ばれる瑞穂の京凌駕だった! 子供たちのボールを取り返すべく『3×3(スリー・エックス・スリー)』を始めた森たちだが――!?
  • DEAR BOYS ACT4(5)
    続巻入荷
    ついに始まったインターハイ神奈川県予選大会。第1シードの瑞穂高校は初戦(3回戦)を156対59と圧倒的な点差で勝利する。それを目にした布施は、瑞穂に対して「次の試合を30点差以下に抑えて勝つ」ことを宣言するのだった。第2シード・湘南大相模の初戦(3回戦)が始まる中、ベンチスタートとなった1年・森と柏木に出番は――!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています