いじめるヤバイ奴(1)

いじめるヤバイ奴(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 495円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ただの「いじめ」ではありません。仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられた。憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていた。──そう、狂っていたのだ。この「いじめ」の真相。仲島は、「いじめ」を強要されていた。いじめられっ子の白咲さんによって。加害者になるという未知の恐怖。悲劇とは、彼のことを言うのだろう。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
マガジンポケット
電子版発売日
2019年02月08日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
78MB

新刊オート購入

いじめるヤバイ奴(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    苛め、虐げ、見逃し、立ち向かう、被害者・加害者、そして共犯者。

    「いじめ」ってのは現代日本のみならず世界各国をむしばむ病巣であり、大人社会でも幅を利かせる忌むべき概念ですが、やはり閉鎖空間である「学校」と相性がいい存在だったり。

    そんないじめを含んだタイトルと共に、知人の薦めを聞いて一話を最後ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    発想が面白い

    八百屋 2020年02月10日

    ストーリーの発想が面白い。
    いじめっ子が黒幕っていう理由はわからないけども、タイトルのインパクトからストーリーも面白くて印象的。
    ただ、絵は好き嫌い別れるのかと思いました。

    続きが読みたくなる!気になる!とはならず、個人的には読めたら読むかな?という感じでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    くだらない

    ananasdinner 2020年05月08日

    あり得なすぎて面白くなかったです。主人公がヒロインに脅されて、嫌々ヒロインを虐めてるかのように教室で演技します。仮にも男が、たった1人の普通の女の子に脅されるというのがあり得ないです。何か人生を壊すような弱みを握られてるわけでもないのに。ヒロインに超人的な能力があるわけでもないのに。ストーリの根本が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

いじめるヤバイ奴 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • いじめるヤバイ奴(1)
    ただの「いじめ」ではありません。仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられた。憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていた。──そう、狂っていたのだ。この「いじめ」の真相。仲島は、「いじめ」を強要されていた。いじめられっ子の白咲さんによって。加害者になるという未知の恐怖。悲劇とは、彼のことを言うのだろう。
  • いじめるヤバイ奴(2)
    この「いじめ」、本当に凶悪なのは誰? 仲島は「いじめ」を強要されていた。白咲さんをいじめなければ、恐怖のお仕置きが待っている。クラスメイトを欺き、非道な「いじめっ子」を演じ続ける毎日。正義漢・田中を退けたものの、次に現れたのは、転校生の加藤。彼は、同級生を自殺にまで追いやった本物のいじめっ子だったのだ。平穏を守るため、いじめっ子の座を懸けた恐怖の「いじめバトル」が始まる。
  • いじめるヤバイ奴(3)
    彼女は過激にいじめられたい。 要求はただ1つ。 「死ぬまで私をいじめ続けろ。」 いじめっ子として振る舞うため、あの手この手で誤魔化す日々。「もう耐えられない」そう思った時、青山さんが手を差し伸べてくれた。「修学旅行で白咲の悪行を暴こう」。罠を張り、油断させ、京都を舞台に悪魔を追い込む。──そして。崖の上から誰かが落ちていく。最後に立っているのは誰だ?
  • いじめるヤバイ奴(4)
    彼女は過激にいじめられたい。 要求はただ1つ。 「死ぬまで私をいじめ続けろ。」 他クラスでのいじめを止めなければ、見回りが強化されてしまう。追い込まれた仲島がとった作戦は「いじめっ子探偵」として犯人を捕縛することだった。果たして、犯人は誰なのか? 意地の推理ショーが開幕する。──そして、修学旅行最終日。ついにこの時が来た。いじめることから逃げ出す時が。自由は、もうすぐそこにあ...
  • いじめるヤバイ奴(5)
    彼女は過激にいじめられたい。 要求はただ1つ。 「死ぬまで私をいじめ続けろ。」 平穏な生活を送るため、「白咲いじめ」と「緑田守り」のダブルタスクを続ける仲島。疲労困憊の彼にさらなる悲劇が襲う。それは、生徒会によるいじめの告発。生徒会は裏で「いじめ奴隷」なるものを生み出し、娯楽としてのいじめを行っていたのだ。それらを秘匿するために、文化祭で仲島をいじめ加害者として晒上げるのだ...
  • いじめるヤバイ奴(6)
    彼女は過激にいじめられたい。 要求はただ1つ。 「死ぬまで私をいじめ続けろ。」 生徒会にいじめの証拠動画を握られてしまった仲島。なんとか動画を消去しようとするも副会長・如月の徹底的なブロックに遭ってしまう。こうなったら、文化祭当日に動画を抑えるしかない! 仲島・加藤・田中の「いじめ薩長同盟」で悪の生徒会に挑む。──が、田中と加藤の絆には亀裂が入っていた。突如訪れた新選組解散の危...
  • いじめるヤバイ奴(7)
    続巻入荷
    彼女は過激にいじめられたい。 要求はただ1つ。 「死ぬまで私をいじめ続けろ。」 全校生徒の前で流れてしまった「仲島のいじめ証拠」動画。いじめっ子バレが死を意味するこの状況で、生徒会の完全勝利は揺るぎないかに思えた。しかし、仲島にはとっておきの秘策があった。場は混迷を極め、それぞれの思惑が交差していく。乱入する緑田、先を読む白咲、激怒する青山。最後にいじめっ子を名乗れるのは誰...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています