僕の昭和史

僕の昭和史

作者名 :
通常価格 3,025円 (2,750円+税)
紙の本 [参考] 3,190円 (税込)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

植民地朝鮮で過ごす幼少期が「僕」の昭和の始まり。受験失敗、厳しい陸軍の日々、敗戦、生活困難のなか書かれた文壇デビュー作「ガラスの靴」。芥川賞受賞の頃には復興も進み時代が大きく変わり始める。六〇年安保の年、アメリカ南部留学は敗戦国日本の戦後の意味を考える視座をもたらした。そして高度経済成長や学園紛争といった新たな変化。激動の昭和を個人的な実感に基く把握と冷静な筆致で綴った記念碑的名作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
電子版発売日
2018年08月10日
紙の本の発売
2018年08月
サイズ(目安)
3MB

僕の昭和史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年07月27日

    大正生まれの作家、安岡章太郎氏による、私的な昭和史。

    教科書的な歴史では分からない、リアルな市民目線の歴史の変遷が感じられる。

    あと何年で徴兵に取られると怯えながら過ごす高校、大学時代の青春を実体験できる。

    徴兵されて戦地に送られたものの、発病して日本に送還された。同じ部隊の仲間は南方で玉砕、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月22日

    1920年に生まれ、ソウルや青森、東京などで幼少期を過ごし、戦争と病を経験しながら「昭和」という時代を歩んできた著者の自伝的作品です。

    ジャン・ルノワールの映画『大いなる幻影』が見られなくなってしまった時勢の変化に違和感をおぼえていた少年時代から、理不尽な軍隊生活から思いもかけず帰還し、さらに無気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています