海辺の光景ほか六編

海辺の光景ほか六編

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

海に臨んだ精神病院で狂死する母、それを看取る父と私。父はもと陸軍獣医少将。だがそんな父を軽蔑した母と私。――人間の奥底に潜むエゴイズムを赤裸々にえぐり出し、夫婦とは、親子とは、人生とはを追求した、芸術選奨&野間文芸賞W受賞の表題作。ほかに卓抜な感性の冴えを示す6編を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
274ページ
電子版発売日
2020年05月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

海辺の光景ほか六編 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年05月08日

    短編集。

    表題作は緊張感ある作品であった。
    主人公と母親、そして父親との関係を母親の狂気と死からはじき出そうとしている。隠喩も巧みであり、没入した。本人の体験もその下地になっているという。

    「宿題」という小学生の独白体の小説があった。
    青森ののんびりした小学校から青山の学校に移って落ちこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング