八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く
  • NEW
  • 最新刊

八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いざ、裏伊賀へ!

裏伊賀が差し向けた忍に、新兵衛の長男が深手を負わされた。
幼い子を狙う非道な仕打ちに積年の恨みを爆発させた鬼市は、今こそ隠れ砦を滅ぼすべきだと決意する。
だが因縁の地へと向かう最中、鬼市と同じある過去を背負う忍が、刺客として牢から解き放たれていた。

最終決戦目前、白熱の第五巻。<文庫書下ろし>

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年07月15日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
1MB

八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

八丁堀の忍 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 八丁堀の忍
    値引き
    99円(税込)
    忍びが牙を抜かれた文政の世に、伊賀の山中に、わらべの頃から人体兵器として養成する裏伊賀の集団があった。十五の若者・鬼市は、決死の思いで抜け忍となり江戸に出る。執拗な追っ手に追われ、鬼市は隠密廻り同心・城田新兵衛に出会い、その腕を見込まれ、同心屋敷にかくまわれた。はじめて人の優しさに触れた鬼市。義賊として生きようとしていた裏伊賀の若者が、江戸の闇を守る。活劇と人情の忍び物語。新シリーズ、開始!
  • 八丁堀の忍(二) 大川端の死闘
    わらべの頃から伊賀の山中で人体兵器として養成される、おそるべき裏伊賀の集団。十五の若者・鬼市は、決死の思いで抜け忍となり、隠密廻り同心・城田新兵衛に出会った。生まれてはじめて人の優しさに触れ、江戸の闇を守ろうとする鬼市に、裏伊賀の秘密を守るため放たれた強力な追っ手が襲いかかる! 鬼市は大切な人たちを守れるのか。大川端での死闘が始まる。活劇と人情の忍び物語、快調新シリーズ、第2弾!
  • 八丁堀の忍(三) 遥かなる故郷
    幼い頃に親元から連れ去られ、裏伊賀の砦で「人体兵器」として育てられていた忍、鬼市。決死の思いで里を抜け、たどり着いたは八丁堀。人情溢れる下町・江戸で同心・城田新兵衛に拾われて生活を共にする中、鬼市の心も徐々にほぐれていく。そんな中、江戸には三方領知替えに反対する越訴衆が現れる。幕府の重鎮・水野忠邦が張り巡らせた計略により、越訴衆は圧倒的に不利な状況。故郷を奪われる苦しみを知っている鬼市は、越訴衆に協力しようとするが…。新たな刺客として登場するのは。裏伊賀で修行を共にした美人くの一・花と最強の幻術使い! 裏伊賀の本当の黒幕の影も見え隠れする中、鬼市は三方領地替えを食い止めることができるのか!?大人気シリーズ第三巻!
  • 八丁堀の忍(四) 隻腕の抜け忍
    ついに黒幕・鳥居耀蔵の姿を捉えた鬼市たち。 裏伊賀から抜けてきた鬼市を救ってくれた、同心・城田新兵衛は、鳥居に仕えることを拒否し、若隠居を申し出る。 着々と裏伊賀を叩き潰す計画を練る鬼市たちだったが、高尾の南が率いる彼らに立ち向かうにはあまりにも弱すぎた。 そんな彼らのもとに、左腕に大怪我を負った忍が現れる。 裏伊賀を抜けてきたその隻腕の忍びは、「風」と名乗った――。 高尾の南が操る新たな刺客も登場!大波乱のシリーズ第4弾!
  • 八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く
    続巻入荷
    いざ、裏伊賀へ! 裏伊賀が差し向けた忍に、新兵衛の長男が深手を負わされた。 幼い子を狙う非道な仕打ちに積年の恨みを爆発させた鬼市は、今こそ隠れ砦を滅ぼすべきだと決意する。 だが因縁の地へと向かう最中、鬼市と同じある過去を背負う忍が、刺客として牢から解き放たれていた。 最終決戦目前、白熱の第五巻。<文庫書下ろし>

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています