図書館の大魔術師(1)

図書館の大魔術師(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アムンという小さな村に暮らす耳長の少年は本が大好きであったが、耳長で貧乏だった為、村の図書館を使うことができなかった。そんな少年は差別が存在しない本の都・アフツァックに行くことを夢見る。ある日、少年は憧れのアフツァックの図書館で働く司書(カフナ)と出会う。この司書との出会いが、少年の運命を大きく変えることに──。孤独な少年が未来を切り拓く、異世界ビブリオファンタジー堂々開幕!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
good!アフタヌーン
電子版発売日
2018年04月06日
紙の本の発売
2018年04月
サイズ(目安)
111MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

一人の少年の壮大な冒険が今始まる―――。

司書(カフナ)と呼ばれる仕事。それは誰もが本を読めるように大陸中の本を集め管理し、護る人のこと。
主人公は本が大好きだが、耳長と呼ばれ不当な扱いを受けてきた貧しい少年・シオ。ある日、魔術書を回収するためにシオのいる街に司書たちが訪れる。シオは司書の一人である風の魔術師・セドナと出会う。この出会いをきっかけにセドナと同じ司書を目指すシオの大冒険が始まる。

本作品の魅力は圧倒的な作画と引き込まれてしまうほどの物語の構成、世界観そして、主人公の周りに登場する個性的なキャラクターたちです。街並みの描写や服の飾りまで本当に精細に描かれており、度々出てくる見開きページの描写は思わず魅入ってしまうほどの迫力があります。いじめられっ子だったシオが司書を目指し、個性的なキャラクターたちと出会い成長していく姿にまるで自分が冒険しているかのようなワクワク感と感動を覚えました。

冒険ものやファンタジーが好きな人はもちろん、何か挑戦しようとしている人にぜひ手に取って読んでもらいたい作品です。

図書館の大魔術師(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    引き込まれました

    mini 2018年05月06日

    マンガとは思えないほどの繊細な描き込みで、お話はもちろん絵もじっくりと見たくなりました。
    ひらけば読む手が止まらなくと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    期待しかない作品

    ALT 2018年06月26日

    一巻まるまるプロローグ。
    これから始まる冒険譚にワクワクがとまらない。
    少年の一途さとそれに応える司書のお姉さんのカッコつけた台詞が素晴らしい。
    感動の涙が溢れました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    久々に心踊る

    ヤマチャ 2018年09月23日

    一巻は物語のプロローグ。
    ここから、どんな冒険が始まるのか楽しみで、心踊ります。
    続きが待ち遠しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    グッズ純平 2021年06月16日

    読み始めると精緻な描き込みが目を惹きます。
    しかし最近では画力の確かな方は多く、画力は確かに重要ですが、
    それだけでは充分とは言えません。
    そう思って読み進めていましたが、そこに語られる世界観の確かさと文章の面白さ、
    そしてテンポの良さとキャラクターの表情などが相まって、
    中盤を過ぎた辺り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    作画がきれい!

    kaerun 2021年06月15日

    まず、絵が綺麗でした!内容は良くても絵がまずいと読む気になれないので最初の印象はばっちり。
    アラビア語や古典語の教養に触れることも出来るし少し頭が良くなった気になります!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    トマト 2021年06月10日

    『書』を中心とした冒険物語。設定が目新しくて絵柄もすごく世界観があって久々に楽しめる作品にあいました。これから主人公がどう成長していくのかワクワクします。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    プロローグ

    七生 2021年06月07日

    プロローグとして最高の作りです。
    書の説明から、世界観、主人公が立ち上がるまで。
    そして旅立ち、始まる冒険。
    これからどうなっていくのか、楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    な な 2021年06月06日

    とにかく絵が綺麗で引き込まれました!
    絵の綺麗さだけで大満足ですが
    内容としても面白かったです!
    モノクロでここまで綺麗に魅せられる絵も
    なかなかないなと感心しました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵が素晴らしい。

    じゃがいも 2021年05月01日

    とにかく絵が素晴らしい。所々に出てくる風景シーンなど繊細に書き込まれていてため息が出るほど美しい。壮大なファンタジーの世界を舞台に「知恵 知識」というものの大事さを教えているストーリー展開もなかなかいい。セリフが多い作品なのだが、ストーリーの筋道がしっかりしているのでどんどん読みすすめることができる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵がきれい

    いちかな? 2021年04月21日

    ストーリーが丁寧で面白い

    このレビューは参考になりましたか?

図書館の大魔術師 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 図書館の大魔術師(1)
    アムンという小さな村に暮らす耳長の少年は本が大好きであったが、耳長で貧乏だった為、村の図書館を使うことができなかった。そんな少年は差別が存在しない本の都・アフツァックに行くことを夢見る。ある日、少年は憧れのアフツァックの図書館で働く司書(カフナ)と出会う。この司書との出会いが、少年の運命を大きく変えることに──。孤独な少年が未来を切り拓く、異世界ビブリオファンタジー堂々開幕!!
  • 図書館の大魔術師(2)
    シオは故郷の村を離れ本の都・アフツァックを目指して旅に出る。旅の目的は3つ。憧れの中央図書館の見学。カフナになるための司書試験を受験、そして7年前に出会い、シオの運命を大きく変えてくれた司書・セドナに会い、借りた本を返すこと。旅の途中、たくさんの仲間と出会い、ついに憧れの地にアフツァックへ!! そして司書試験の第1次、通称"悪夢の筆記試験"が幕を開ける──。
  • 図書館の大魔術師(3)
    司書試験を受ける為、故郷を離れ本の都・アフツァックへやってきたシオ。司書試験は筆記・面接・実技の3つ。筆記を終えたシオは面接へ。しかし緊張から(?)かある失態をしてしまう――!? そして最終試験では曲者達とチームを組むことに…。 司書試験編クライマックス! 待望の第3巻!
  • 図書館の大魔術師(4)
    試験に合格し憧れの司書への第一歩を踏んだシオはアムンの村を離れ、本の都・アフツァックへとやってきた。シオと同じく司書試験に合格した個性豊かな同期生たちとともに見習い司書としての生活が始まる――!!
  • 図書館の大魔術師(5)
    続巻入荷
    司書試験に合格したシオは見習い司書としてのスタートを切った。 故郷で培った体力と運動神経の良さから実技の成績がズバ抜けてよいシオ。 そんなシオを一方的にライバル視する首席合格者のアヤ。 シオは彼女に歩み寄ろうとするが、逆に機嫌を損ね、「あなたと私達とじゃ覚悟が違う」と言われてしまう。 彼女がシオを敵視する理由とは…? そして未だ姿を現さない同期メンバーとは一体? 発売後即重版の王道ハイファンタジー第5弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています