銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1)
  • 完結

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1997年、協立銀行の竹中治夫は梅田支店の支店長として、異動してきた。時は融資貸し剥がし全盛――。着任早々、竹中は年上のやり手行員・沖田、融資先の中小企業「タイコウ」小森社長の板挟みにあい、圧倒される。竹中は、優良顧客であるタイコウを倒産に追い込みかねない貸し剥がしには同意できない。しかし、裏社会とも繋がりのある沖田には、どうしてもタイコウを追い込まなければならない事情があった。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊現代
電子版発売日
2017年11月22日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
86MB

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1) のユーザーレビュー

レビューがありません。

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編 のシリーズ作品 全7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1)
    完結
    1997年、協立銀行の竹中治夫は梅田支店の支店長として、異動してきた。時は融資貸し剥がし全盛――。着任早々、竹中は年上のやり手行員・沖田、融資先の中小企業「タイコウ」小森社長の板挟みにあい、圧倒される。竹中は、優良顧客であるタイコウを倒産に追い込みかねない貸し剥がしには同意できない。しかし、裏社会とも繋がりのある沖田には、どうしてもタイコウを追い込まなければならない事情があった。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(2)
    完結
    協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は,支店長として梅田支店に異動する。そこで、銀行を牛耳る年上の部下・沖田と衝突する。優良顧客タイコウからの融資引き揚げを画策する沖田に不信感を抱いた竹中は、その背後関係を追う。調査を進めていた竹中チームが掴んだのは沖田と大阪の裏社会の大物・黒神道三とその娘・瑞希との繋がりだった。竹中は「土地喰い」と呼ばれる地上げ屋からタイコウを助け、支店を清浄...
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(3)
    完結
    協立銀行梅田支店長として着任した竹中治夫は、早々に銀行を牛耳る年上の部下・沖田と衝突する。顧客タイコウからの強引な融資引き揚げを画策する沖田に不信感を抱いた竹中は、彼と大阪の裏社会の大物・黒神道三、その娘・瑞希との繋がりをつかむ。沖田たちは、タイコウが持つ湾岸地域の倉庫を狙っていたのだ。竹中はタイコウを守る為に、新たな融資先探しに奔走する。竹中はタイコウを助け、支店を清浄化でき...
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(4)
    完結
    協立銀行の竹中治夫は、銀行の中枢・企画部部長への昇進を内々に受けていたが、上司の謀略にかかり、ラインを外れ、支店長として梅田支店に異動してきた。東京を離れ、単身赴任で仕事に邁進する中、竹中に斉藤頭取直々の特命が下る。それは斎藤が懇意にする平理病院への融資についてだ。平理病院を訪れると、そこには病院乗っ取りを企てる善良会の影があった。竹中は部下の丸田、秘書の三木と共に、その背後...
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(5)
    完結
    協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長として梅田支店に異動する。頭取から梅田の平理病院への融資について特命を受ける。医療法人善良会・織長無限と、彼の息がかかった平理病院事務長の明智貢が病院乗っ取りを企てていたのだ。竹中は、善良会の金の流れを調査、部下の三木と丸田も企みを探り出す中で、明智と雄長の知られざる過去が明らかになる――。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(6)
    完結
    協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長として梅田支店に異動する。優良取引先の小塚工務店に対し、並列メインバンクの住之江銀行が運転資金の融資を止めていることが判明。実態を調査することになった。一方、竹中は高校時代の後輩・桜と再会。二人は失った時間を取り戻すかのように激しく求めあう……。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(7)
    完結
    協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長として梅田支店に異動する。すると、優良取引先の小塚工務店に対し、並列メインバンクの住之江銀行が運転資金の融資を止めていることが判明。竹中は、小塚の倒産を防ぐため奔走する。一方、三木さんが、竹中と恋仲になった高校時代の後輩・桜の過去を調査すると、解決の糸口となる「過去」が明らかとなる――!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています