東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

北朝鮮の金正恩は、核兵器と大陸間弾道ミサイルの開発に血道を上げ、体制を維持しようとする。また経済崩壊に直面する中国では、国民の怒りを外に向けるためだけに対外強攻策を採る。……狂った独裁者たちが、その狙いを日本に向けたとき、果たしてこの列島は、どのような惨禍を受けるのか? ――意外と小さな被害に、全日本人が驚嘆する結末!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
電子版発売日
2017年10月06日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月29日

    核戦争に備えて、しっかりと備えておきたいと思います。
    冬の準備を怠ったキリギリスのようになりたくありませんから。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月27日

    兵器はヒトを兵にする。しかし核ミサイルは兵力を無に帰す究極の脅威であり、低高度で爆発させ火球が地面に触れると放射能クレーターとなり、半永久的に居住不可。弾頭が数万発あるのに「70年以上使用されなかったことが奇跡的」/核が使える兵器と見ての論理展開/非武装憲法下、「ミサイルを撃ち落とす(失敗確率高い)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月04日

    かの国からミサイルが日本へ数回、向けられた2017年に購入した本です。
    タイトルにある地名の“所沢”が特に気になったんです。
    私は所沢住民ではありませんが、同じ埼玉県民なので、「なぜ?なぜ?なぜに所沢?」と、読みはじめからターゲットは所沢で読んでました。
    所沢が明示されていた理由は今となっては頷けま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月10日

    核戦争が起きるシナリオは、日本で核攻撃を受けるのは、被害極限のためには、そういったことについて合理的に考えられている。
    横須賀など日本の各都市の持つ特性について改めて勉強になったし、核爆弾を水中で、空中で、火球が地表面に触れるように、それぞれで爆発させたときの違いとか新たに知ることが多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月07日

    単なる読み物としては単純に面白いんだけど、軍事機密に関わることもあって、情報の信頼が欠けるものが多い印象を受けました。参考文献の引用らしい表記はありませんでした。半分フィクションぐらいに思った方がいいと思います。
    また、国防という観点からある程度は仕方ないのですが、近隣国を仮想敵とみなしているのと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    読んでから11ヶ月後の記憶↓。
    地表すれすれ爆発なら地上が核汚染されて使用できなくなる。
    空中高くでの爆発なら汚染被害は軽微。
    避難してくる車が汚染されてたら?援助、救助にいく車が汚染される状況だと?
    北や中国の核は半径10キロとか小規模なもの。どこを狙うか。
    手持ちの核ミサイルを全部使えるわけでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    なるほど、そこかと言う主張も認めるがどうにも、架空戦記レベルの印象しか受けない部分がある。
    データの出所がよく判らないからか、肝心なところが著者の考えに過ぎなかったりするからか。

    よう判らん

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月09日

    最も核被弾の可能性が高いのは横須賀、東京には3発、死者3百万・負傷6百万、NUKEMAPでシミュレーション可能。潜水艦建造設備のある神戸、核施設と技術者のいる東海村・六ケ所村、千歳と小牧。破壊区域は限定されるので、無駄撃ちはできない。

    東京と神戸な理由がわかりました。考えたくないから考えない、じゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月04日

    核戦争について、前世紀の観念しか持ち合わせていなかったので、核戦争をすれば世界は終わりだろうというぐらいに思っていたのだが、この本を読んで核兵器というのは余っていないということがわかった。
    この本での主題は中国からの核攻撃であり、日本には何発も核ミサイルの照準があっているのだろうと思っていたが、中国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています